医療事務の資格と取るには

医療事務の資格は一度資格を取ると全国どこの病院でも活用できると、女性の間で人気です。

この医療事務の仕事は病院や街中の開業医また福祉、介護施設など医療行為を行う所で、メディカルクラークとも呼ばれる大切な仕事です。

医師や看護師また様々な検査技師が患者に対して行った医療行為に対して、正当な診療報酬の書類、レセプトと呼ばれるものを作成し、国や保健組合、自治体に対して請求を起こす仕事です。

2010年に厚生労働省が、今後の高齢化に備えて医療保険事務全体の効率を向上させる為に、全国的にIT化を活用した医療保険事務を行うように奨励しており、これに伴って各病院等の医療機関でも医療事務の採用を行う場合に、資格の有無を重視するようになったようです。

この医療事務の資格を取るには短期大学や専修学校などで取る事も出来ますし、職業訓練施設において医療事務コースやと言った形で講座を設置している所もあります。

また自治体によっては求職支援の一環として無料の講座を作っているところもある様です。

オンラインで学べる医療事務

最近出来たママ友の間で話題になっているのが、定時に終われるそれでいて、スーパーのレジなどではなく正社員として働ける仕事、これから長く勤められるが仕事は何かと。

高年齢化が進む日本で、家庭を持ち子供を育てながらも安定した収入が得られる仕事として考えられるのが医療関連の仕事で、医療事務が話題に上っています。

この医療事務という仕事は病院や街の医院などで、私たちが受けた診察に対して払われるレセプトと呼ばれる診療報酬の書類作成を行うものです。

私たちが診察を受ける度にその医療行為に対して定められた点数を計算する事で、国や保険組合に請求を起こします。
専門的な知識が必要であり、医療事務の資格を取らなければいけない、どうしようと話しているようです。

通信講座の案内などを取り寄せいろいろ調べているようです。
(私が「まずは資料請求するのがいいよ」と言ったのですが)

今はインターネットによるオンラインのコースもあると言う。
これだったら家に居ながら学べるな。などと考えている人もいるようです。

医療事務の資格取得のサポート

同じ職種への再就職がラクにできる資格の1つが、医療事務です。

現在、多くの女性が医療事務の資格取得に励んでいて、特に自分の好きな時間に学習できる通信講座が人気を集めています。

医療事務は、勤務形態や時間のコントロールの幅が広く、午前中だけの勤務など、体力やご自身の状況、年齢にあわせて長く勤めることができる魅力があり、さらに職場は全国各地にあり、たの職と比べて安定した職種といえると思います。

医療事務の資格取得をサポートしてくれる通信講座の学習法は、医療事務として活躍する際の実務に役立つ技能がしっかり身に付く魅力があり、資格取得後の就職活動までもサポートしてくれるところもあります。

資格取得のための学習では、医療事務で必須のレセプトの書き方から、受付業務で必要となる待遇とマナーについの基本から応用までを分かりやすく学習することができ、資格取得をしっかりサポートしてくれます。

さらに医療事務分野の専門用語についても丁寧に解説してくれていて、資格取得後すぐに活躍が期待できます。

医療事務の資格の取り方

医療事務の資格は、女性を中心として、とても人気のある資格となっています。

医療事務の資格を生かせる場所が、主に病院やクリニックなどの医療機関ということや、時間や日にちの融通がある程度ききますので、子どもがいる主婦でも、働くことが出来ます。

パートや正社員などの勤務体系もたくさんあります。

医療事務の資格を取るために、学校や通信教育で勉強される方が多いです。
試験では、レセプトを使った実技問題が出ますので、何度も練習しておくことが大切です。そして、最近の傾向としては、レセプトの点検問題が出題されていますので、そちらの問題も練習しておく必要があります。

医療事務の試験は、決して落とすための試験ではありませんので、勉強すればするだけ、点数に結びついてきます。レセプトの問題集は、書店でも販売されていますので、独学を考えられている人は一度、購入して出来そうか確認するのもよいかと思います。

ハローワークでも医療事務の資格のための勉強をすることが出来ます

ハローワークでは医療事務の資格を取るための講座をを行っています。

ほぼ全国のハローワークで行われていますが、地域によっては行われていない可能性もありますので詳細は最寄りのハローワークに確認すると良いでしょう。

これは職業訓練受講の制度ですから、場合によっては給付金をもらいながら資格取得のための勉強をすることが出来ます。

流れとしては、3カ月間で医療事務や調剤期目の知識が身に着くことを目的に行うもので、基礎を学び演習し、それをチェックして改善するという流れですから効果的に学習できます。

全く知識がない方は最初は努力が必要ですが、この流れで勉強すると理解しやすく効率的に確実にスキルを身につけることが可能です。

ハローワークで行っているものですから、資格を取得することが目的ではなく、あくまでも就職することが狙いです。

ですから、資格取得後に就職もハローワークが積極的にバックアップしてくれる特徴がありますから医療事務の資格を取ろうと考えてる方にはおすすめの制度です。

医療事務の資格を取ろう

これから医療事務の資格を取ろうとする方は、取得講座を受講することも良いかもしれません。

通信講座などでも多く行われているものですが、その内容としては一般的に、長年の診療報酬受験のノウハウから、実務経験が豊富な講師、洗練されたカリキュラムと指導方針で診療報酬請求事務能力検定試験の合格を目指します。

例えば、前半ではレセプト作成に必要な知識をインプットし、中盤からは講習をメインに試験問題ごとに慣れていきます。

後半での診療報酬対策では過去問題、予想問題を中心に難問を解くように必要なテクニックを身につけて資格取得を目指します。

このように学習効率と時間配分を最適化させたカリキュラムになっていることが多いです。

医療事務は、専門知識が必要であり、迅速で正確な処理が要求されます。

関係各方面から請求事務従事者の資格の向上と人材の確保が強く求められていますので、医療事務で働こうと思っているあなたにとって資格を持っていることは有効です。

医療事務の資格を取得するためにするべき事

医療事務の資格を取るために必要なことを伝えたいと思います。

医療事務を資格を取るには専門学校や通信教育で学ぶことがやはり一番良いのですが、独学の方も多いと思います。

もし独学で勉強を始めるならば知っておくべきことがあります。

それは試験の内容や性質がどのようなものかを知ることです。

どんな試験にも、出題傾向や試験の難しさのレベルがあります。
ですから、勉強を始める前に試験のことを調べましょう。まず最初にやることは、ただ漠然と勉強をするのではなく医療事務の資格試験の資料を読む事です。

ですから、まずは資料を請求しましょう。資料を読むことによって下記のようなメリットがあります。
・医療事務の基本的知識を得ることができます。
・資格の種類ごとに異なる特徴を知ることが出来、資格に合った職場を選ぶことが出来ます。
・資格取得に必要な勉強時間の量を知ることが出来ます。
・資格を取得してからの、仕事の展開について考えることが出来るようになります。
これら以外にもいくつかメリットがあります。

ですから、まずは資料を請求し、試験の内容を理解することをお勧めします。

医療事務の資格をとるために

rainbow.jpg医療事務の資格を取りたいとがんばっているならば、モチベーションを高くし続けることが大切です。

そのためには、目標を持つことそして、何のために資格を取りたいのかと自分の中でしっかりと整理しておく必要があります。何となく勉強しているというのは、あまりよくありません。

通信講座を利用したり、学校に通ったりと自分にあった勉強方法で学ぶことはできます。
しかし、通信講座の利用では、自分との戦いでもあります。

毎日、毎週の大まかな予定を立てて、勉強を進めなければ前に進むことはできません。
また、どうしても医療事務の資格を取りたいと思うならば、意識向上のために病院で働く姿をイメージしたり、患者さんや病院の方の迷惑のならない範囲で観察させてもらうのも一つの方法です。

通信講座や専門学校でもらえる無料資料なんかもモチベーションアップに繋がります。
講座の説明以外にも、仕事の内容などが写真付きで紹介されているので、私もたまにそれを見て、妄想しながらやる気を出したりしていました。


他にも、勉強を効率よく進めるために、睡眠時間をしっかり確保することも大切です。

医療事務の資格があれば、就職活動を有利にすることも可能です。学んだことは必ずどこかで役に立ちます。資格取得を目指して、一歩一歩前進してください。

医療事務の資格合格に必要なコツ

医療事務の資格と聞くと、何だか難しい計算式や医療知識が必要だと思う方は、少なくないと思います。

でも、数ヶ月頑張れば資格合格も可能で、また、決まった受験資格がないので、誰でも受験が出来るものも多いです。
医療事務の資格取得さえしていれば、全国の医療機関で働くことができ、女性の場合は、出産や子育て、家族の転勤があっても職場復帰が有利です。


そこで、医療事務の資格取得に必要なコツを紹介します。
Fotolia_38582978_XS.jpg

まず、難しい計算式を覚えることは、試験には全く必要ないです。
問題として出されるカルテを見て、診療報酬点数表といわれる、医療行為の点数一覧表から、点数を探し、レセプトに書き込んでいくだけです。


試験中に診療報酬点数表や資料を見ながら問題を解いていけばいいので、難しい計算式や点数の暗記が必要ありません。
ですから、診療報酬点数表の引き方さえ覚えれば大丈夫なのです。

自分が分かりやすいように、点数表や教材にインデックスを付けたり、ノートにまとめるだけでも、点数を見つける速度が変わってきます。


医療事務の試験は暗記物がほとんどないので、練習問題をより多く解き、点数表をより早く見つけられるようになることが、合格の近道になります。

医療事務資格は独学で合格できる?

医療事務の資格の本を本屋さんで調べると、医療事務のさまざまな資格の過去問や参考書、問題集が見つかるでしょう。医療事務をまったく経験したことのない人には、専門用語ばかりで、いきなり読もうとしても、かなり難しいでしょう。

医療事務に関する基礎知識や、多少経験があれば、独学でもスムーズに勉強していくことは可能だと思います。

医療事務の勉強をしよう、医療事務の資格を取ろうとおもったら、まずは「診療報酬点数表」を必ず購入しましょう。
医療事務として仕事をしていくなら、どんな医療機関であっても必ずこの診療報酬点数表から診療報酬を計算し、請求することになるので避けては通れません。たとえ今チンプンカンプンであっても、まずは購入し常に手元に置きながら資格のための勉強などをしていくことをお勧めします。
又、診療報酬点数表をマスターすれば、医療事務の資格の合格も見えてきます。

ただし、独学で医療事務の資格に合格しようと思っている場合は、他にも注意しておくことがあります。

制度や点数表などは改定されることも多いので、いざ試験日が迫ってきてから、確認すると制度が変わっていたなんてことのないよう、常日頃から自分で情報を仕入れておかなければなりません。
又、過去の問題集などにもトライし、試験に慣れておくことも必要です。

医療事務の資格を独学で狙う場合に、もう一つ注意しておかなければいけないのは、資格の受験資格です。医療事務の資格には多くの種類がありますが、受験資格があるものもありますので、受験資格不問か、自分が受けられる資格を選ぶ必要が当然あります。

医療事務資格に関する基本的な情報を持っていない場合は、まずは4、5の専門学校や通信教育の学校から医療事務のパンフレットをもらうのが良いでしょう。
独学だからこそ、無料でもらえる情報は積極的に入手していく必要があります。

独学の場合は「医療秘書技能検定試験」や「診療報酬請求事務能力検定試験」などが、参考書なども多く売られており、比較的勉強し易いと思います。

医療事務資格の通信講座

医療事務の資格を持っていなくても仕事をすることは可能です。しかし、いざ就職し、働き始めると専門用語をはじめ覚えることが大変多く困惑される人も多いです。

専門知識や専門用語は、いやでも毎日カルテを入力したりしていれば、自然と頭に入ってくるものですが、やればやるほど、もっと覚えたい、もっと詳しく知りたいと思うようになるでしょう^^

実際、資格を持たずに働き始めた人には、自主的に医療事務の資格を目指して勉強する人が多いようです。
しかし、仕事をしながら、専門学校や短大に通うのは、夜間コースであってもなかなか難しいものです。
そんな時は、通信講座を利用してはいかがでしょう。
通信講座の最大のメリットは、自分の好きな時間に勉強が出来ることです。
通学講座のように開始日が決められておらず、好きな時に勉強を始めることができるのもメリットの一つです。

しかし、通信講座であっても医療事務の仕事をしながらだと、なかなか勉強をする時間がとれない場合もあるでしょうし、期限内に講座を修了できないと、どうなるのか不安な方もいるでしょう。
そのような場合には、ほとんどの通信講座で、講座の有効期限や延長可能期間というのを設けているようです。
仕事が忙しく、やり始めては途中で挫折し、また一から始めるというのではやる気も失せてしまいます。そういう場合は、延長期間も考慮した学習スケジュールを立てるといいでしょう。

また、取りたい資格があるのに、教室は遠くていけない場合にも、資格の選択肢が豊富な通信講座はふさわしい勉強法です。

通信講座はあくまで独りで頑張らなければいけません。医療事務資格に合格するという強い意志を持って臨んで下さい。
多くの通信教育の講座では、無料でテキストなど無料サンプルがもらえます。
まずは、これらを取り寄せて、ここなら頑張れるという講座を見つけてください。

専門学校では、距離的な問題を考えなければなりませんが、通信教育は純粋に内容で選ぶことができます。通信講座であることのメリットを最大限活かすためにも、出来るだけ多く資料請求し、比較検討してみて下さい。


医療事務の仕事がまったくの未経験では、通信教育では少ししんどい面もありますが、経験者であれば、比較的すんなり内容を理解できるでしょうから、勉強自体も面白いでしょうし、勉強を進めていくことによって仕事も面白くなるでしょう。

医療事務を専門学校・短大で勉強する

医療事務専門学校短大は非常にたくさんあります。

専門学校や短大というと、高校卒業後の進路で、若い人たちばかりだと思われているかもしれませんが、特に最近では、資格をとって転職しようと考えていたり、スキルアップのためにと、社会人も多く通っています。

そのため夜間コースを設けている専門学校や短大もあります。

若い人に混じって勉強すれば、気持ちも若々しくなれそうですね^^
ですが、時間的に無理であったり、若い人たちの中に入っていくことに気が引ける方は、夜間コースがある学校を選ぶのが良いかもしれません。

働きながら、専門学校に通おうと考えている方は、行きたい学校に夜間コースがあるか調べてみましょう。

独学や通信教育に比べ、専門学校や短大に通うメリットはいろいろあり、合格率や勉強する環境も当然ありますが、一番のメリットはその就職率の高さと言えるかもしれません。

専門学校や短大で1年から3年間もの間、みっちり勉強でき、2つ、3つの医療事務資格に合格することができます。
さらに自分の頑張り次第で、医療事務以外のパソコン技能検定・秘書技能検定・日商簿記などさまざまな資格もとれますから、就職に大変有利なのが分かりますね。

また、医療事務と一口にいってもいろいろな職種がありますが、医療現場での実習授業も取り入れられていますので、卒業後にどの職種に就きたいかを考えることができます。

ただし、このような専門学校や短大を出たからといって、即戦力になれるわけではありません。
長年勤めている資格を持っていない先輩方に、到底及ばないといった方がほとんどでしょう。

ただし、学校在学中に学んだ知識に、無駄な事は一つもありません。
先輩から逆に質問されるくらいになるように、たくさんの資格にチャレンジし知識・スキルをアップしてみてはいかがでしょう?