通信講座たのまなはこんな感じ

たのまなは通信講座ですが、やはり大手のヒューマンアカデミーの通信講座というだけあって、サポート体制などもしっかりとしているようです。

目指せる資格も多くありますし、それぞれの働きたい形を実現しやすく、人気があるのも納得の講座の内容だと思います。
口コミでも評判が良いですし、仕事の時間の都合であったり、育児や家庭の事情などで通学で学習する時間がなかなか取れないという方にとっては、とても最適な医療事務の資格に向けた学習方法ではないでしょうか。

難関の診療報酬請求事務能力認定試験対策講座に関しては、初級者コースと上級者コースというように分けられており、その人の実力に合わせて学ぶことが出来ますし、無理なく実力を身につけていくことが出来るのではないでしょうか。

通学制のほうが良いという方は別として、通信を希望している方にとっては自由度が高い医療事務講座だと思うので、これから通信制で医療事務の資格を取ろうという場合はたのまなの資料請求をしてみると言うのもおすすめです。

通信講座たのまなの合格保証サービスとは?

たのまながとても人気がある理由としては、やはり「合格保証サービス」があるということが挙げられると思います。
通信講座で本当に資格なんてとれるのか、と不安に思っている方でも、こういったサービスについて知っておくと安心して通信制の医療事務講座を受講できるのではないでしょうか。

合格保証サービスというのは、「合格保証付き」となっている講座に関して、講座を終了後に資格試験を受験して、もし万が一3回受験しても不合格だった場合に、受講料の全額返金、または無料でサポート期間延長、といった措置が取られるということです。

通学の場合は講師から直接学べますし、わからないことがあれば質問も出来たりと安心して学べますが、通信はやはり自分のやる気次第というところもあり、不安に感じてしまうものですよね。
しかし、こういった制度があればそのような不安もなくなりますし、合格も目指しやすくなるのでより安定して就職に近づくことが出来そうです。

通信講座たのまなの特徴

ヒューマンアカデミーは通学での医療事務講座もとても人気が高いですが、通信講座のたのまなも最近とても注目を集めており、これから医療業界で働いていきたい、人の役に立つ仕事がしたいという方たちがぞくぞくと受講をはじめています。

そんなたのまなの医療事務講座には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

まず、やはり通信講座ということで、自分のペースでじっくり学習できるということではないでしょうか。
仕事や家庭の事情などでなかなか通学の時間が取れない方などは、申し込んでも結局通えなかったら、ということを考えて躊躇してしまうということもあるでしょう。
しかし、たのまななら通信講座ですので好きなペースでじっくりと学習することが出来ます。

また、もう一つの特徴ともいえる、合格保証サービスの講座もありますので、安心してはじめられそうです。

通学制の医療事務講座も良いですが、通信制のほうが都合が良いという方も多いでしょうから、そういった方にはたのまながぴったりかもしれません。

通信講座たのまなで目指せる医療事務資格は?

たのまなは通信講座ですので、通学のほうがきっといろんな資格がとれるはず、と思われている方も多いかもしれませんが、実はたのまなでも色々な資格を目指すことが出来るんです。

どんな資格が目指せるのかというのも重要な部分ですので、ここでご紹介したいと思います。

医科2級医療事務実務能力認定試験、2級医療秘書実務能力認定試験、医療事務OA実務能力認定試験、電子カルテオペレーション実務能力認定試験、医療保険調剤報酬請求事務士、診療報酬請求事務能力認定試験、介護事務士、歯科助手専門員、看護助手実務能力認定試験、医師事務作業補助者実務能力認定試験といった資格を目指すことが出来るようです。

特に、診療報酬請求事務能力認定試験は難関と言われていますが、その分医療事務の就職に役立ちますので出来れば取得しておきたい資格といえるかもしれません。

こういった、医療機関への就職にすぐに役立つ資格の取得を目指せるというのは、初心者にとっても嬉しいことですよね。

通信講座たのまなと通学制との比較

資格取得のための学習方法はいろいろとありますが、通信講座は忙しい方にとってとても嬉しい学習方法ですよね。
医療事務講座ももちろん通信で受講することができ、特に最近はヒューマンアカデミーの通信講座である「たのまな」が高い人気を誇っているようです。

ヒューマンアカデミーといえば、医療事務講座では通学制のほうもとても人気がありますが、通学制と通信制のたのまな、比較してみるとどのような違いがあるのでしょうか。
もちろん、通学制は自分で通って講師たちの授業を受けながら学び、通信制は各自で学ぶという違いがあるのですが、そのほかの違いはどのような部分があるか気になりますよね。

通学制と通信制の大きな違いは、やはり受講料でしょうか。
通学制のほうで医療事務総合講座を受講した場合、294,840円となっているのに対し、通信制のたのまなでは料金が110,000円となっています。

これは大きな違いですので、どちらにしようか迷っている場合、決めるための要素になってくると思います。