医療事務の資格は本当に必要?

医療事務の資格を取って、医療事務で働こうと決心しても教えてgooなどの質問サイトや、2ちゃんなどの投稿を見てみると、資格は全く必要ないと書かれていることも良くあります。

そういったサイトでは極端な意見が多いというのはご存知かもしれませんが、やはり不安になってしまいます。

「資格は全くの無駄。医療事務は資格商法だ。」「求人はほとんどなく、あっても経験者しか採用されない。」などと書き込んでいる人もいます。

確かに、専門スクールや通信学校の宣伝を見てみると、医療事務の資格がとても魅力的なもののように宣伝していますが、それは医療事務に限ったことではありません。

簿記であれ、行政書士であれ、宅地建物取引主任者であれ同様です。

ですから、そのような匿名の書き込みを見ると、
「宣伝に簡単に乗せられて、資格さえ取れば全てうまくいくと思ってしまったんだろうな。」
「よっぽど嫌な人間関係に当たってしまったのだろうな。もしくは本人に問題が?」
と思ってしまいます。

医療事務が特別素晴らしい仕事だという気はありませんが、少なくとも特殊な技術や経験、知識を持っていなかった私にとって、今医療事務に関する専門的な知識をもち、それなりに楽しく働けている医療事務は十分魅力的な仕事です。

もちろん嫌なこともありますし、医者や看護師の横柄な態度にイラッとしたこともあります。

ですが、きちんと与えられた仕事をこなし、頑張っていけば、横柄な態度や邪険に扱われることもありません。

医療事務に限らずどんな仕事でも同じではないでしょうか。実力をつけ役に立つ人は重宝されますし、そうでなければ資格だけ持っていても軽く扱われます。

人間性うんぬんでなく、他の人も「仕事」をしているのですから当然です。

さて、医療事務の仕事に就きたいとすでに行動に移している人は、余計な雑音に気を取られずにそのまま頑張ってほしいのですが、

「医療事務ってどうだろう?」
「医療事務の資格って必要なのかな?」

と不安に思っている人に良いサイトを見つけたので紹介します。

このサイトはどちらかと言えば、医療事務の資格について否定的な立場のサイトなのですが、よく読めば医療事務資格を否定しているのではないとわかります。

記事数は少ないですが、1記事のボリュームが多く読みごたえがあり、なるほどと思うことも多いです。>> http://iryojimu-shikaku.net/

医療事務の資格スクールのCMに乗せられて資格さえ取れば良い。と考えるのは確かにどうかとは思いますが、私は医療事務資格は必要だと考えています。

もちろん、仕事をする上で医師や看護師のように法律上資格が必要なわけではありませんが、資格の勉強で得られる知識は医療事務と言う仕事をしていくうえで必要不可欠なものだと思います。

ですから、全くの未経験から挑戦したいと思うのであればまずは医療事務の資格を狙うべきだと考えています。

医療事務の資格に挑戦することに不安や、迷いはあると思います。ですが飛び込んでしまわなければ分からないことも多くあります。

行動を始めてから周りの雑音にフラフラするのは良くありませんが、ある程度自分なりに調べられ、「これ以上は調べても分からない。」と思われたら、行動を始めてください。

いつまでも迷っているのは時間の無駄です。

医療事務は、嫌なこともありますが、嬉しいことや楽しいことも多くやりがいのある仕事です。
>> http://iryojimu-shikaku.net/

医療事務資格の難易度は?

医療事務は病院や街中の医院など、医療行為を行っている施設では必要な職種です。
そしてこれから需要が増えると考えられている職種でもあります。

医療事務を行うには専門的な知識が必要になるために、医療事務資格を取るためにはある程度の期間勉強することが必要です。

資格の難易度で言えば、難関試験にはあたらないかもしれませんが、特に初心者であれば最低でも3ヶ月ほどはまとまった時間を勉強のために確保することが必要です。

その他にも、最近の医療事務はコンピューター化されている事も多く、パソコンのスキルも必要と言われています。

医療事務の仕事が私たちが受けた診療によって定められている点数で、請求を起こすレセプトの作成が私たちが受ける医療に関する検査や、医療行為によって複雑に変わってきます。

また大きな病院でその検査の結果をいろいろな専門家が共有する事も多いために、その個人の情報をパソコンに入力する必要があるのです。

この医療事務の資格を取るのには学校に行くなどの方法がありますが、学校に行く時間がない、家庭があるなどの人には通信教育やオンラインによる講座などもあります。

医療事務の資格取得方法

医療事務は、医療機関において患者が支払う医療費や、健康保険の請求額などを計算して、レセプト(診療報酬明細書)を作成することが主な仕事です。

正社員やパート・派遣など働き方も様々選べるため、結婚や出産などで生活環境が変わっても続けることができる点が魅力です。

超高齢化社会に伴い、医療の仕事が急増しているため、そのニーズも高まっています。
資格がなくても働くことはできますが、専門的な教育を受け即戦力として採用できる人材の求人が増加しているため、資格を持っていることで就職や転職に有利になります。

取得するためには、スクールに通うか、通信教育で学ぶなどの方法があります。
スクールのメリットは、決められたペースで学習が出来、分からない部分もすぐに先生に聞くことが出来るので、確実性が高い点です。一方デメリットは、費用がかかることです。

通信教育のメリットは、隙間時間に学習が出来るため、学生や主婦・社会人でも両立が出来る点と費用を安く抑えられる点です。デメリットは、自己管理が必要となることです。

いずれにしても情報を収集し、自分に合った学習方法を選択することが大切です。

医療事務の資格で就職力アップ以外にも

今まで、病院にかかったことはありますか。
まったくなければそれは非常にいいことだと思います。健康が一番で何よりです。

しかし、この世の中、健康診断を受けましょう。予防接種を受けましょう。
世の中の流れとして医療に関わることが多くなることはあっても決して少なくはなりません。

また、基礎知識として医療を知るとどんな病気になるとどんな合併症がおこるとか、交通事故をしたらどんな保険が必要になるのかが分かってきます。

医療事務の資格を取ると仕事だけでなく、日常生活でも便利です。
社会保険の仕組みなど基本的なことも知ることができます。初診料はかかることがわかるけど、再診料もかかるのか。大きな病院へかかる場合には、加算がたくさんあります。

医療事務を勉強するといろんな医療についても知ることが出来ます。

また医療事務の資格を取ることでもちろん就職にも役立ちます。
病院やクリニックはあまりなくなる事はありません。よって事務の仕事もあるわけです。
知識を得て医療事務の就職だけでなく、日常生活も賢くいきましょう。

医療事務の資格の良いところ

医療事務の資格は人気があり、その資格の取得までに通学生でだいたい3ヶ月、通信制でもだいたい6ヶ月ぐらいとあまり期間もかかりません。

取得に思い立ってから取得するまで1年以内というのは、新しいことを始めるのにちょうどいい期間です。

人気の医療事務の資格ですがその理由に挙げられるのが、やはり勤務の形がたくさんあるという点です。

病院によって午前中だけの所や午後からの勤務、月1週間勤務だけでいいところや普通の仕事のように朝9時から夕方5時まで働くなどその形はさまざまです。

また勤務の形もたくさんあります。
正社員やパート、派遣での勤務など結婚や出産、子育てなどで1度仕事を離れた人でも、医療事務の資格を取得しておけばブランクを感じずにまた仕事ができるというのも良いところです。
働く中でさまざまな経験を積んでいけば、年齢が高くなってもさらに知識が深まるので、求められる病院や医院が増えてきます。

自分の生活スタイルによって働く時間なども選べるのが良いところです。

医療事務の資格の必要性

最近とても人気のある医療事務の資格ですが、同時に病院や医院などの医療機関でも必要とされている資格です。

せっかく勉強をしたのなら、その知識を生かした仕事をする方が仕事にやりがいを感じます。

医療事務の資格は、これを取得しただけではすぐに働けるということにはなりません。
学校に通って取得した場合、スタッフとして登録をしておくと、いざ仕事があるときに紹介をしてくれるという制度があるところもあります。

しかしこのような制度がない場合は、自分で医療事務全般の仕事やレセプトの仕事を募集している病院や医院を探す必要があります。
逆にいえばこのような資格がなくても医療事務の仕事に就けます。

しかし資格を持っているということはしっかりとした知識があるので、同じ募集があった場合に採用の時に強みとなります。

医療事務の資格の良いところは、求人形態がたくさんあるという点です。
午前中だけや、午後だけなど自分の空いている時間に勤務できるというのがいいところです。

医療事務で働くのに有利になる資格

医師や看護師をサポートする役割にある医療事務は、高齢化が進む現代では需要が高まっています。

医療事務として働くためには特に資格は必要ありません。ですが、医療事務に役立つ資格を多くもっているような即戦力になる人材の方が、採用されやすいという事実があります。

では、どのような資格 を持っているとよいのかをここでは紹介します。

まず、病院や歯科医院、薬局のどこで医療事務として働きたいかを絞ると、資格の的も決めやすくなります。

病院や診療所の医療事務として働くことを望む場合、医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験に合格しておきたいものです。この2つは医療事務の資格で最も一般的だからです。

さらにレセプトの処理能力を証明するために、保険請求事務技能認定試験の資格もあると良いです。

歯科医院で働きたいと望む場合も、持つべき資格はほとんど同じで、試験を受ける際に歯科を選択することで、歯科に関する専門用語などが必要になるだけです。

薬局勤務の場合は、調剤管理士事務能力認定試験という別の資格があると有利になります。

医療事務の資格を取得するには?

特に女性や主婦に人気のある医療事務の資格ですが、その取得方法にはいろいろあります。

医療事務の資格を取るには、まず医療事務講座を学べる学校に通うという方法です。

通う期間は学校によって差がありますが、総合的に見るとだいたい3ヶ月前後のところが多いです。
ここでは業務の基本となる診療報酬点数の計算方法とレセプトの点検について、しっかりと学ぶことができます。
時間に余裕があり、しっかりと知識を身につけたい人はこのような学校に通って資格の取得を目指すのがいいです。

通信制の医療事務講座もたくさんあります。
資格取得までの期間は学校に通う方法よりも長くなります。
だいたい6ヶ月前後になります。

講座によって違いますが、何回か通学の教室にスクリーニングに通える制度がついているところも多いです。

どちらの方法がよいということはないので、いろいろと調べて自分の納得のいくところでしっかりと学べば、資格の取得は難しくありません。

医療事務の資格を持つと有利?

医療事務の資格を取って有利に就職活動が出来ると思ってはいけません。
有利にはなりますが、必ず採用される訳ではないのです。

就職活動をする時、医療事務で重要視されるポイントを紹介します。

医療事務の現場は医師や患者さんなどとの人との関わりが多い場所でもあります。
また、医療現場では仕事の連携を大事にする所が多いです。

採用試験には必ずと言ってもいいほど、面接があります。

病院側は面接でコミュニケーション能力を見極めようとしているのです。

有利な資格を持っていてもコミュニケーション能力が欠けていたら採用をためらう所もあります。資格よりもコミュニケーション能力を優先にする病院もあるそうです。

医療事務の就職活動をする時は、面接で上手く自分をアピール出来るようにしておいた方が有利です。

通信教育でもサポートがついているところもあるので、利用してみるのもいいかもしれません。

資格を持っている事の自信と、自分を十分にアピールして希望の就職先で働けるように目指してください。

医療事務の資格の多さ。どれを狙うべきか?

医療事務の資格取得を考える際には、抑えておきたい事があります。

それは、医療事務の資格には多数の種類があり、実務への関連性の強い物からそうでない物まで豊富で、認定団体も複数に渡っているという事です。

従って、複数の資格を狙って複合的にスキル向上を狙うような場合には、あまりに似通ったものは避けるべく、事前にしっかりと調べることが必要となります。

またそうで無くとも、そもそもどの資格を狙うべきかを判断し難いケースも多いと思います。

具体的に実務への関連性が強く、まず狙いたい資格として挙げられるのは、医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験の2つです。

医療事務技能審査試験は、既に30年以上に渡って実施されている事から求人を募集する側でも認知度が特に高く、この資格の取得を求人応募の条件となるケースもある資格です。

一方、診療報酬請求事務能力試験の方は比較的新しい資格ですが、医療事務において最も問われる能力であるレセプト業務に関する知識を特に問われる為、実際の業務に直結しています。

従って、まずはこの2つのどちらか、若しくは両方の取得を目指すのが望ましいでしょう。

医療事務の資格の種類は?

医療事務の資格とひとことでいっても、多くの種類があり名称もそれぞれ異なっています。

なぜそうなっているのかというと、医療事務が国家資格ではなくて民間の資格だからです。

たくさんある資格の中で一番有名なものは、日本医療教育財団の医療事務技能審査試験と日本医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験です。

医療事務技能審査試験は医療事務の資格の中でも歴史があり、30年以上にわたって実施されています。
全国の多くの医療教育機関では、この資格を目標としているところが多いです。

診療報酬事務請求能力認定試験は、平成6年から行われている比較的新しいものです。
これはレセプトの能力向上に非常に力を入れています。

医療事務全体の知識や仕事を希望する場合は、医療事務技能審査試験の取得の方がいいです。

しかし必ずしもこれがいいというものはないので、今の自分に業務内容や知識量にあったものを選ぶことが大切です。

学校や通信講座の資料請求をして検討するのも良いと思います。

社会人に人気の資格?

求人の面接をするうえでその人の能力は非常に重要な事項でありますが、それを短時間で判断することは難しいです。

なぜなら、能力は目に見えるものばかりではなく、人によりその判断基準なども異なるからです。

そんな中、能力をわかりやすく判断することができるのが資格です。

資格は受験までの過程と、合格するための知識や勉強量が必要であるため、資格保持者にはある程度の信頼がおけるという認識があります。

社会人になってからも自身の能力UPはもちろん、キャリアUPのために、働きながら資格を取得する人は少なくありません。

その中で女性に人気なのが、医療事務の資格です。

人気の理由としては、実践に役立つということです。

医療事務の求人は比較的多く、また医療事務の仕事は女性が結婚や出産などのライフイベントを経ても長く働きやすいなどの理由もあります。(最近は希望者も多いですが。。)

医療事務の資格の取得方法はいろいろありますが、スクールなどに通うのが取得への一番の近道です。

独学で取得する人もいますが、それまで医療事務の知識がまったくない人にとっては厳しいでしょう。

医療事務資格の通信教育は?

医療事務の資格は持っていなくても、病院や医療機関などによっては採用してくれるところが有りますので、職場経験を積んでからの資格取得をされる方も多いです。

通信教育や資格取得セミナーなどでは、常時資格取得志願者を募集しており、在宅学習などの様々な教育プランやスケジュールが用意されています。

自由スタイルな学習方法ができるカリキュラム設定となっているところもあり、誰でも簡単にスタートできるます。

医療事務の資格には、職場経験が一定期間有れば試験を受験できるものもありますが、ある講習や研修などを受講して終了証書を取得した後に、最終試験の受験が受講できるシステムもあります。

未経験者の方は通信教育や講習会などの座学を通しての取得が多いようです。

通信教育のセットは、基本的には教科書とレセプト用紙と簡単な計算方法や、お薬の種類とその点数が記載された本が届きます。

また、最近ではパソコン入力が主流でパソコンでの事務に特化した講義もあります。

医療事務の資格を持つ人の仕事は?

医療事務の資格は女性や主婦に人気があります。
それは出産や育児で仕事をいったんはなれても、また働きやすいからです。

資格を持っているということで、採用の判断が変わってくることもあります。

実際に医療事務の仕事はどんなことをするのかというと、大きく分けると2つあります。

1つめはレセプトといって診療報酬明細書の作成です。

もう一つは病院や医院での受け付け会計や助手の仕事です。

レセプトというのはいいかえれば請求書のことです。
病院で行われた治療の費用や薬代などは法律で決まったものが点数化されています。
その点数化されたものに基づいて診療報酬点数を計算するのが医療事務の仕事です。

他にも受付業務やカルテの取り扱いや管理、整理を行ったり、受付や会計の業務を行ったりします。
これは基本的には同じですが病院によって仕事の内容がかわってきます。

診療報酬の計算方法などは資格取得のための学校や通信講座などでしっかりと学ぶことができるのです。

求人先の病院がどういう人を採用したいと考えているかは、それぞれです。
ともかく実務経験優先で即戦力を期待するところ。レセプト以外は病院それぞれと考え、レセプトの経験や、知識を優先するところ。変な癖などがない(違う病院でのやり方を変えようとしない人は結構います。。)、知識はあるが経験がない人を優先するところ。いろいろです。

経験のみを重視する病院でなければ、資格を持っていることは必ず有利となります。
(逆に経験なし、資格なしでは、採用されるのが難しくなってきていると感じます。)

医療事務の資格は人気?

最近は医療事務の資格についてテレビや雑誌で取り上げられることが多くなりました。
以前はあまり聞き慣れなかった名前ですが、今ではよく耳にする資格です。

人気の資格の中でも医療事務の資格が1位になることも多いです。

最近ではその名前がメディカルクラークと呼ばれ、病院やクリニックなどの医療施設での経理や事務職のことを医療事務と呼んでいることもあります。

これらの仕事にもいくつか種類があり、会計業務や外来受付窓口業務、レセプト業務や病棟クラーク業務、医療秘書業務や医療情報処理業務などがあります。

病院で働いている人は、ほとんどが医療事務の資格を持っているとこともあります。このような資格は一度取っておくといろんな病院で働くことができます。

特に出産や育児などで現場をはなれても、資格を持っているとまた再就職しやすくなります。

資格の学校に通うのもいいですが、現在は通信講座などでも取得することができます。学校に行く時間がない人や仕事で忙しい人は利用を検討してはいかがでしょう。

医療事務資格ごとの特徴は?

医療事務は特に女性に人気の仕事ですが、医療事務の資格試験は複数の団体・法人が主催しており、医療事務関連の資格は30種類以上にもなります。

医療事務の資格は、看護士や医師のような公的な資格では無く、この人がどれだけの知識を持っているのかと言うことを証明するための物なので、英語検定や漢字検定と同じようなものだと考えると分かりやすいと思います。

診療報酬請求事務能力検定試験はその中で唯一の国家認定試験で、医療保険制度から医学知識、介護保険制度など幅広い知識が求められる資格です。
医療機関からの信頼も厚いものですが、その他の資格試験に比べて難易度も高くなっています。

これから医療事務の資格を取りたいと考えている人には、医療事務管理士検定の取得を目指すのも良いと思います。
こちらは勉強する範囲も広く、レセプト作成の実技試験があることが特徴です。
また、通信講座を修了することで在宅で受験できることもあり人気があります。

このように医療事務には資格ごとに、特徴がありますので医療事務の中でも自分の目指す仕事に応じて選んでいくことも大事です。

通信教育は医療事務の資格取得に効果的ですか?

医療事務の仕事をしたいと考えた時に医療事務の資格を持っていると、企業から基礎知識は持っていると判断されるので、就職しようとした時に有利になります。

医療事務の資格を取ろうとした時に大事なのは時間を有効に活用して、効果的に勉強する事です。

効果的に勉強をする方法として有効なのが、通信教育で勉強する事です。
通信教育ならしっかりとしたカリキュラムが組まれていますので、計画的に勉強する事ができます。

送られてくるテキストを計画通り、しっかりと勉強していれば医療事務の資格取得に近づきます。

どの方法で勉強するにしても、とにかくまず最初は資料請求してみる方法が効果的です。

資料請求は無料でできる事が多いのでどんどん活用してください。資料請求をすれば医療事務の資格取得のための有益な情報を多く得られます。

どの方法で医療事務の資格取得を目指す場合でも、計画的に勉強し続ける事が大事なので、自分にできる方法で勉強する事が大事です。

医療事務の資格で男性も活躍できますか?

医療事務は女性に人気のある資格です。

就職や転職をする時にも有利で、不況に関係なく求人があります。

医療事務の仕事は主に病院で患者さんの対応となります。治療費の計算や健康保険の請求の計算、カルテの整理といった仕事があります。

医療事務の資格は、早く取得できることでも人気です。3ヶ月以内に取得することも可能で、難易度が優しい資格もあります。

医療事務の講座はスクールに通わなくても、自宅で学習することもできます。

結婚や子育てでブランクのある主婦の方にも、自宅で家事や育児をしながら資格取得を目指すことも可能です。特別、受験資格もありません。

医療事務の資格を取得する方が年々増えていますが、万が一、旦那さんの転勤で引越しをした時にも、引越し先で簡単に就職先を見つけることができます。

女性に人気のある資格でもありますが、最近は、受験する男性も増えています。男性で医療事務を目指している方にも通信講座がおすすめです。

専門学校に通えば医療事務の資格を取得しやすくなりますか?

医療事務の仕事は安定しているので、この仕事で働きたい人は多いです。

ですから未経験から医療事務の仕事で働くためには、医療事務の資格を持っていないと難しいです。

医療事務の資格を取得するためには、専門学校に通うのが近道になり簡単です。

専門学校に通えばしっかりとしたテキストで勉強できます。
しかも知識が豊富な先生に教えてもらえるので、確実で間違いがないです。

自分で独学で勉強する方法では、怠けてしまって計画的に勉強するのが難しいです。

しかし専門学校に入学すれば通わなくてはいけない日が決まるので、その日に通えば自動的に計画的な勉強ができます。

医療事務の資格は計画的にしっかり勉強すれば、取得しやすい資格なので専門学校に入学して勉強すれば、医療事務の資格を取得できる可能性は高いです。

医療事務の資格を取得できれば医療事務の仕事に就職がしやすくなりますし、就職できればやりがいのある仕事を長くする事ができるので、資格を取得することは有効な手段です。

医療事務資格を取得する方法は?

医療事務資格の勉強は在宅ですべて完結させることが出来ます。

通信教育で空いている時間を使って勉強することも出来ますし、年齢を気にすることなく受験できる点はいいです。

勉強のコツはあわてないでテキストを見ながら資料を作成することです。

通信教育は勉強中の試験はすべて在宅で可能です。
働きながらとか家事の合間に出来るのは、忙しい人にとっては時間の制約がなくなるので本当に楽です。

テキストだけで勉強することが苦手な場合も、通信教育なら動画で重要ポイントをわかりやすく説明してもらえます。実際に見て確認出来るのでわかりにくいところを残さないで勉強出来ます。

携帯やスマートフォンなどでも閲覧出来る場合が多いので、場所を選ばず確認出来ます。
時間も短かい時間でわかりやすく解説してくれるので、わからないところをそのままにしなくてすみます。

いろいろなサービスを利用してわからないところをそのままにしないのが、合格の早道です。