日本の医療制度を支える仕事、医療事務

日本の健康保険や国民保険を使った医療制度は大変優秀で、公的な保健機構を持っていないアメリカなどでは、日本を手本に改革を行おうとしています。この日本の医療制度は医療事務の仕事に支えられていると言っても過言ではありません。

この医療事務の仕事とは、私たちが病院や介護施設などで医療行為を受けた際に、保健を使う事によって決められた負担分を支払いますが、私たちが負担していない部分を自治体や保健組合に報告して、医師や看護師また検査技師などが行った医療行為に対して、正当な支払いを請求する物です。この診療報酬の事をレセプトと呼び、それぞれ決まった点数を足して請求を起こして行きます。保健に対する知識、また様々な医療行為に対する点数など専門的な物が求められます。

特に2010年以降は厚生労働省が認めている、診療報酬請求事務従事者の資格を持った人を、雇用するよう奨励されている様です。これはレセプト及びカルテなどの医療関係に関する書類をコンピューター化する目的もある様です。

景気に左右されない仕事、医療事務

長い不景気の間、なかなか仕事が見つからなかった友人、今後は景気に左右されない仕事に尽きたいと色々な資格習得を探っていました。そこで見つけたのが医療事務の仕事。この医療事務の仕事は病院や福祉施設などの医療行為を行っている所で、色々な書類の作成やカルテの入力などを行う仕事です。


私たちは病院に行って支払いを行う際に、国民保健や健康保険を使って自分達の負担分のみを支払います。医療行為に対する支払いはその年齢や家族構成、また診療や検査などによって負担分率が複雑になっています。病院や施設で医療行為を行っている医師や看護師、また検査技師などの正当な診療報酬を、保健組合や自治体に請求するレセプトと呼ばれる診療報酬請求書の作成が中心的な仕事です。


また街中の医院などではレセプトの請求だけでなく受付での対応なども含まれる場合もあります。医療事務の仕事には専門的な知識とパソコンへの入力スキルなどが必要となり、試験を受けて合格すると資格を得る事が出来ます。通信教育やオンラインでの講座など色々な物がある様です。

高い需要が見込まれる医療事務

職を持っていない、働きたいけど資格を持っていないなどの人たちが、安定した職場を得られるように、救援者支援の一環として自治体でもいろいろな試みを行っています。その試みの中に医療事務の資格習得があります。


医療事務の仕事はその資格があれば、全国どこの病院や福祉施設などの医療機関で働くことが可能です。この医療事務の仕事とは、病院などの医療行為を行う所で、私たちが受ける診察に対してレセプトと呼ばれる、検査技師や医師などが行った医療行為に対して正当な請求を、国や保険組合に行う仕事です。また検査や診察に必要なカルテへの入力や整理も行います。病院や福祉施設には必要な職種で、今後多くの需要求められるものです。


医療事務の仕事は市民病院や国立病院などの大きな病院に正社員として勤める事が出来、また安定した収入を見込むことが出来ます。また自治体などの職業訓練校ではなく、自宅でも学ぶ事が出来る通信教育も人気がある様です。

安定した収入が得られる医療事務

景気が上向きになったとは言え、高年齢化社会に向かっている現在、公的な年金だけでは老後の生活が心配と言った人が多いのではないでしょうか。
でも就職するにはきちんと派遣ではなく正社員として働きたい、そのためにはと活動している人もいると思います。

これから先にどんどん需要が高まる業界に医療業界があります。

しかし医師や看護師になるには時間も掛かり、家庭を持っている人には学校に通う事は難しいかもしれません。

医療業界で必要となる職として医療事務があります。
この医療事務の資格は短いコースであれば1ヶ月で取れるという物で、安定した収入を期待できるものです。


医療事務の仕事は、病院の規模によっては受付や患者との対応なども含まれますが、中心となる仕事は私たちが受けた診療に対して、国や保険組合に対して請求するレセプトと言われる診療請求の書類作成です。

この仕事は医師や看護師が正当な報酬を得るために必要な仕事で、医院や病院を支える仕事とも言えます。

医療事務の人気

医療事務の仕事はとても人気があります。

出産や育児で職場を離れていても、比較的復職しやすい仕事です。

医療事務として多様な仕事がある大病院をはじめ、今日本では、高齢化社会に伴う老人ホームの増加につれて、医療事務の需要がより大きくなることが期待されています。

医療事務のために必要とされている専門知識は、「レセプト」と呼ばれる自治体や保健組合に提出する診療報酬請求書の作成や、入院や受付などでの保険証への対応などがあります。

医療事務は資格が必須(独占業務)のしごとではありませんが、病院における専門事務職とも言え、給与も保証されています。

あなたが医療事務の資格を取ろうと思った場合、どのように行動すればよいでえしょうか。

自治体やハローワークが斡旋する職業訓練施設でも医療事務コースや社会保険実務コースなどがあります。また、専門学校などもあり医療機関が運営しているものもあります。

通信教育も、自宅で医療事務資格を取れる方法として人気があります。
最近ではインターネット上で授業を受けるコースもあります。

学校だけでなく、家事や子育てに忙しい主婦も挑戦できる環境が揃っており、専門学校や医療学校に通うだけでなく、通信教育でも多くの人が頑張っています。

医療事務の資格は就職へのアピールになります

そもそも医療事務の資格は、国家資格ではないのですが資格を持っていれば、病院へ就職を希望する時ににアピールポイントになります。

この資格を取得するのには、まったく医療事務の経験ない方も医療事務の学校へ通学するか、あるいは通信教育で勉強することによって短期間で資格取得できます。

もちろん、経験がない分野にチャレンジすることですし聞いたことがない言葉も多いのですが、地道に勉強すれば合格できない資格ではないです。

医療事務は、患者さんと明るく対応できて、さらに地道にコツコツするのが好きな人にむいている仕事です。

そして、医療事務の診療報酬請求の関係から、月に10日だけとか病院が開業している午前中だけとかの勤務が可能ですから結婚している女性には最適の仕事といえます。

さらに、仕事がら薬の名前などについて、詳しくなりますので自分や家族が病気になった時に役にたつ可能性もある仕事です。

医療事務の資格の魅力とは

診察代の計算や受付など、病院の顔ともいえるさまざまな仕事を行う医療事務は病院にとってかかせない仕事です。

医療事務の仕事に関する資格は女性や主婦を中心にとても人気の資格となっており、取得したい資格ランキングでも上位に入ることが多いです。

その人気の理由はなんといっても経験や知識が武器になり、比較的就職がしやすいということです。職場となる場所は病院や医院が多いので、日本全国どこにでもあるということになります。引っ越しをしても働く場所に困らないということです。

病院の数は、たくさんあるとされているコンビニエンスストアの2倍ともいわれています。また病院は景気の動向にかかわらず多くの人が利用します。医療施設の数も常に安定しています。

従って病院で働く医療事務の仕事は景気に左右されない安定した仕事といえます。

医療事務の資格は通学で学んだり、通信講座でその資格を取得できます。たいたい3ヶ月から6ヶ月で資格を取得することができます。

一度取得しておけば細かな制度変更はありますが一生使うことができるのも魅力です。

医療事務の魅力とは

医療事務の魅力は、資格がなくても働ける。勤務体制が豊富。スキルアップできる。といった点が上げられます。
特にスキルアップについては、私たち誰もが必要とする医療について様々な知識を得られることとなり、他の仕事ではありえない特筆すべきことだと思います。

実際、ケガをしたといっていつも通っている内科で診療をうけようとする人もいます。しかし、内科では骨折の疑いがあるようであれば、整形外科に行くよう言われます。又、頭を打ったと整形外科に行けば、脳神経外科に行くように言われることもあります。

病院をはしごするのは大変疲れます。特にお年寄りや子供だとなおさらでしょう。しかし、どこで診療してもらえば良いのか分からない人も大勢いるようです。
医療事務という医療に関わる仕事をすることで、自分はもちろんのこと、家族や友達にもどこで診てもらえばよいかアドバイスできるようになります。
このような知識を得られることは医療事務の魅力の一つでしょう。

他にも病院での診察代や、薬についても知識が得られます。これは何の薬と聞いてこられることが多いです^^

医療事務では、このように仕事で得られる知識が日常生活でも大いに生かせます。そういった面でも大変やりがいのある仕事だと言えるでしょう。

医療事務資格が人気の理由

医療事務資格が人気の理由を考えてみます。

医療事務資格を取得した場合、医療機関で働くこととなります。直接治療をするわけではありませんが、病気や怪我で苦しんでいる人を助ける仕事をサポートすることは、やりがいを感じられる仕事です。

医療事務資格は、受験資格不問の試験も多く、誰でも受験できることも人気の理由でしょう。受験資格を要するものとしては、医療事務技能審査試験のように、特定の講座履修もしくは実務経験を問うものとなります。

医療事務資格が人気の一番の理由は、医療事務の仕事が女性にとって働きやすい仕事だからでしょう。

医療事務のスタッフの男女比は、圧倒的に女性が多いです。同じ女性同士ですので、問題等を共有しやすく、育児等についても、理解を得られやすいです。又、医療事務は専門性の高い仕事となりますので、実務経験をつめば、年齢を気にせず働くことが出来ますし、結婚・出産等で仕事を離れていても、復職しやすいです。未経験でも医療事務資格を取得していれば就職先を探しやすくなります。

医療事務の仕事の魅力には、自分の生活や状況にあわせた仕事の仕方が選べることもあげられます。
正社員としてフルタイムで働くことも出来ますし、派遣社員やパートタイマーとして、日数や時間を決めて働くこともできます。
家事や育児との両立もしやすいでしょう。
又、家族に転勤が多くても、医療機関は全国どこにでも必ずあるので、どこへ行っても就職先を見つけやすいと言えるでしょう。