医療事務で市民病院に就職したシングルママ

シングルママの友人が頑張って勉強し、晴れて医療事務の資格を取る事が出来ました。この医療事務の資格を取れた事で、彼女は市民病院に就職が決まっています。以前から派遣やパートではなく、正社員として安定した収入を得ることで、子供を何とか大学まで行かせたいと言っていたので、これで一安心だとも話しています。

この医療事務の資格は全国どこでも病院や介護施設など医療行為を行っている所では需要がある仕事で、これからのますます求人が見込まれるものと考えられます。彼女の様に市立や公立の施設で働くことが出来れば、公務員と同じ扱いとなり、年に2回のボーナス、保険や年金また保養施設などの福利厚生もしっかりとしています。看護師や医師と違い夜勤などの仕事もなく、子供を学校に送り出して夜は子供と一緒に夕食を取ることが出来ると喜んでいました。

医療事務は責任のある仕事で、国や保険組合に医療行為に対するし医療請求を行うのが主な物で、残業はほとんどないとシングルママには合っている仕事かもしれません。

医療事務の仕事が決まった友人

長い間職を探していた友人が、医療事務の資格を取り最近無事に正社員として採用になりました。時間は9時から5時で出来るだけ週末は休みたい、それでいて安定した収入を望んでいた彼女は、結構長い間ハローワークに通っていましたが、なかなか希望の条件の所がありませんでした。


今回、求職者支援を行っている自治体の職業訓練校で、医療事務の仕事をするための資格を取る短期のコースをとり、財団法人日本医療保険事務組合協会が行う診療報酬請求事務従事者の資格試験に合格した事が、正社員としての職を手に入れられた勝因だと言っていました。


職場は市が運営している市民病院で、彼女の自宅から自転車で15分、勤務時間は9時から5時と子供を学校に送り出してから、洗濯を終わらせて余裕を持って出かけられると言っています。またお給料も手取りで15万円、保健や年金、またボーナスも市の職員と同じように出ると言うもの。私も一緒に資格を取れば良かったと思っています。

医療事務の仕事

私たちが病院の窓口で支払う料金は、保健を使うことによって低く抑えられています。

日本の保険制度はアメリカなどに比べると、とても安心して医療行為を受ける事が出来るものです。

これは医療事務といわれる職種の人たちが、私たちがうけた医療行為に対して、それぞれの点数を足しながら国や自治体、また保健組合に診療医療請求を行う仕組みが確率しているから出来ている制度です。

この病院の中で医師や看護師が正当な報酬を得られるように、また患者に対していつでも検査の結果やそれまでの病歴などを見る事が出来るようにカルテに入力するなどの、様々な書類作成を行うのが医療事務です。

医療事務の仕事はレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成や請求、また患者のカルテの整理、入力などですが、専門的な知識が必要となり、また最新の情報を取り入れられる頭の柔らかさも求められます。

そのために認定資格が多数あり、現在では忙しい家庭の主婦でも取り易い、通信教育やオンラインでの講座などが人気がある様です。

医療事務のお給料はどのくらい?

勤務地も全国にあり、そのうえ認定資格がある専門職として女性の間で人気がある医療事務。

医療事務は近代化が進んでいる医療業界で、医師や看護師が正確な報酬を得る為に必要な仕事です。
大きな市民病院や町の開業医、また介護施設や福祉施設など医療行為を行っている所では、この医療事務の知識を持っている人が必要になります。

資格の習得には専修学校に行ったり、自治体によっては職業訓練施設の中で短期間で取れるコースもあります。
医療事務の給与はその勤務先によっても違いますが、初任給で15万円から20万円程と言われています。

医師や看護師といった資格を有する専門職に比べると低く感じますが、市民病院や国立病院などに勤務するとなると、お給料の他にボーナス、また産休や育児休暇、保養施設などの高い福利厚生を利用する事も可能となり、子育てをする方には働き易い環境だと言えます。

また勤務体系に関しても夜勤などといった事もなく定時で帰る事が出来ることが多いのも魅力です。

医療事務は医療制度を支える仕事

医療事務の仕事は、医師や看護師を支える仕事とも言えます。

もちろん医師や看護師の下で、事務作業や書類管理といった業務も行いますが、診療報酬計算などは医療事務員の専門分野であり、ともに医療現場を支えていると言えます。

医療事務の業務の中心とも言える診療報酬に関する書類の作成や、請求は日本の複雑な保険制度を理解し、国民健康保険や健保組合、老人医療それぞれの制度に合わせて行います。

それ以外にも、患者の対応や、カルテの管理など、病院の規模によっても多様な業務を医療事務が行っています。

日本の医療制度はとても評価が高く、世界でも類を見ないくらい患者の負担が少ないですが、医療事務がその一端を担っていると言えます。

医療事務の仕事を行うには、資格を取得するのが早道です。
医療事務の資格は多くの種類があり、短い物だと1ヶ月で終了する通信教育があったり、在宅で試験が受けられるものまであります。

「診療報酬請求事務能力認定試験」のような難易度の高い試験もありますが、まずは難易度の低い試験で腕試しをするのもよいでしょう。

医療事務の仕事ってどんなの

医療事務の資格を取って医療事務で働こうと考えいている人が増えています。

これから日本が更なる高齢化社会に向かうに伴い、医療関連の仕事は安定した需要が見込まれることも人気の一因でしょう。

医療事務の仕事は国民健康保険や協会けんぽ、健康保険組合、船員保険、共済組合、それ以外にも後期高齢者医療など複雑な保険シスムに適切に対応し、また様々な病気や検査に伴う専門的な書類の作成や診療報酬の計算など、適切かつ迅速に対応する必要があります。

医療の現場では、当然医師や看護師なども責任のある多くの仕事に対応する必要がありますが、医療事務の仕事にも多くの責任ある業務があります。

医療事務の主な仕事としては、診療報酬請求書(レセプト)の作成やその請求があり、また受付での患者さんの対応、カルテや検査結果の入力など、専門的な知識が必要な仕事となります。

的確に、迅速に仕事を行うためにも、医療事務の資格学習を通じて抜けの無い知識を身につけておくことが必要です。

しかし、一度資格を取得すれば、地域によって保険制度や、保険治療の内容が違うということはありませんので、全国どこの病院でも、また介護施設や福祉施設でも仕事をすることができます。

もちろん制度は変わって行きますので、妊娠や出産、育児また介護などで仕事を離れている最中も、変更点は随時押さえておくことが、スムーズな仕事復帰に役立ちます。

医療事務の仕事について

医療事務の仕事は、これから高齢化社会が進む日本において様々な業務とともに、求人も増えていくと考えられています。

医療事務の資格自体は国家資格ではありませんが、医療事務の仕事は専門性が高く、医療機関という比較的安定した勤め先が多い業界のため、学生から主婦まで資格取る人が増えています。

医療事務の仕事にはよく聞く診療報酬計算(レセプト)の他にも、受付や会計での患者さんへの接遇や、カルテを含む各種ドキュメント作成、整理、管理、それに伴うPC作業など多岐に渡ります。

診療報酬計算については、各種社会保険や医療制度、医療内容を理解する必要があり、しっかりと学校や専門学校、通信教育などで勉強されることをお勧めします。

そのためにも医療事務の資格は、様々なレベルや業務合わせたものがあるので、適切な資格を目指し、合格を目指されればよいと思います。

医師や、看護師、薬剤師などだけでなく、医療機関においては医療事務は無くてはならない仕事です。これは今後も変わりません。

これからも医療事務は人気の仕事でしょう。

医療保健事務とは

医療に関する仕事には、医師や看護師、薬剤師などをはじめ、殆どが資格が必要な専門職となります。
医療事務の主な仕事としては、患者が病院の受付に来てから、診察を受け会計を済ますまでの様々書類の作成や、患者への接遇、そして保険事務があります。

医療事務として一番の専門的業務は、健康保険組合や国民健康保険、老人医療制度といった複雑な各種社会保険制度に合わせて診療報酬明細書の作成を行う医療保険事務になります。

この診療報酬明細書の作成は、医師が診療してから作成し、患者が会計を待つ間に作成する必要がありますので、正確さと素早さが求められます。

医療事務の仕事は、専門知識と経験が求められるため、結婚・出産・育児などでブランクがあっても再就職が比較的容易です。

また、看護師などと違い夜勤などはなく、比較的勤務時間に融通が効く点も医療事務が人気の理由です。

医療事務の資格取得を目指す講座も、各種専門学校や職業訓練などで人気の講座となっています。

医療事務のお仕事

医療事務とは、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成を中心に行う事務仕事のことです。

調剤報酬事務が薬局内での調剤に限定しているのにくらべ、医療事務は医療機関の全ての診療行為を対象としています。

医療機関で診療を受ける場合は保険証が提示されますが、国民健康保険や健康保険組合等の公費制度があり、療養費の給付等に関しての幅広い知識が必要とされています。

また、医事コンピュータの操作を把握する事で仕事の効率上昇や、受付業務においては接遇マナーなども教育され顧客満足も求められます。


医療事務の仕事については、一般的に女性が多く、医療現場においては、秘書の業務や会計なども併せて行う場合もあります。

診療報酬請求事務は医療事務にとって重要な仕事である為、病院などでは、医療活動をスムーズに進めていく為、事務員の教育は資格取得の教育を基本としているところもあります。

したがって、医療事務の求人を行う際に資格取得者が優遇されることも多いです。

いま最も求められる医療事務の仕事

高齢化社会が本格化するにあたって、これからも医療関係の仕事は需要が多いと見込まれています。

直接的に患者さんと接する看護師や医師の免許をとるのは大変難しいことですが、何か医療に関わる仕事がしたい人もいます。

今、女性に人気のある医療事務ですが、通信教育で医療の仕組みから勉強することができ、修了したら能力に応じた試験を受けて、資格を得ることができます。

医療事務ですが、病院やクリニックの受付業務やカルテ管理はもちろん、医療保険の知識が重要な仕事をする決め手になります。

患者さんの診療費の一部を貰う医療費の会計もありますが、残りの診療費を各患者さんの医療保険機関に請求するレセプト業務が医療事務の仕事の醍醐味です。

医療保険の仕組みや診療報酬の算定方法は、通信教育や医療関係の専門学校の通学講座で一から勉強できます。

自分に合った環境を選択するといいです。まずは、医療事務管理士検定やメディカルクラーク検定を目指して勉強を進めたらどうでしょう。

無事、資格をとれれば未経験でも医療事務の求人は幅広いので、実務をこなして医療事務の経験をどんどん積んでいってください。

医療事務の資格を取った後

医療事務の資格を取得する事によって、医学的知識(薬剤や検査方法等)を得る事が出来ます。

医療事務として勤務する際には受付業務と医事課業務に大別されます。

受付業務は、主に患者へ診察券を発行する。
診察券又は保険証あるいは医療証などを預かる。
診察の順番が来た患者を診察室へ案内する。
診察代金の精算を行う。
等が仕事です。

患者がスムーズに診療を受ける為のサポート的作業が中心です。

医事課業務は患者の会計に関する事務作業を行っています。レセプト(診療報酬明細書)業務がメインです。

レセプトには、治療方法や検査内容及び薬の名称などの診療内容がまとめられています。
レセプトを作成する事によって診察報酬を請求する事になります。

医療事務の有資格者が行う仕事は、スピーディでありながら正確性が求められる内容が多いです。

さまざまな実務経験を培う事によって即戦力となる事が出来ます。
医療事務はやり甲斐のある仕事だと思います。

医療事務と就職

医療事務求人情報は、ハローワークや求人雑誌など、さまざまな媒体で見つけることができます。近くに新しい医療機関ができると、必ず募集があるでしょうし、病院によっては求人の張り紙をしている所もあります。

医療事務仕事というのは、医師や看護婦と違い資格が絶対必要というわけではありませんが、最近の就職状況等を見ていると、やはり資格を持っているほうが有利なようです。

ただし、医療事務の資格だけに頼るのは良くありません。実際、資格を多く持っているからといって新しい職場で即戦力として働けるとは考えないほうが良いです。

医療機関によって、医療事務のやり方や進め方は結構違いますし、医療事務として経験豊富な人でも、新しい職場になれば覚えなければならないことはたくさんあります。
したがって、働き口が決まれば、資格があってもなくても同じスタート位置と考えるほうが良いでしょう。

もし、働きたい病院が決まっているなら、直接求人募集をしているか、面接をしてもらえるか電話で問い合わせてみましょう。普通の就職活動と同じで、やる気を見せることが大事です。
医療事務の面接をしてもらえることとなったら、面接ではコミュニケーションや人当たりの良さをアピールするのが良いです。病院での仕事は、一人でできるものではなく連係プレーが必要ですし、受付では患者への人当たりの良さが一番大事となります。

次に、医療事務の仕事に興味があり、やる気があること、又、自分の今までの経験を病院でどのように生かしていきたいかなどをアピールできると採用の可能性が高まるでしょう。

断られても落ち込まないように^^

医療事務の仕事も、普通の仕事と同じように就職は縁もあると思います。次に向けて就職活動しながら、医療事務の資格を目指すなどスキルアップを目指しましょう。

資格を取っていなくても、医療事務の資格取得に向けて勉強中だということは好印象を与えられます。

医療事務資格を取得して働く

医療事務資格を取得して働くのは、医療機関を考えると思いますが、医療機関と一口に言っても規模や、形態などさまざまです。

又、医療事務資格を活かして働ける場所は医療機関以外にもあります。

医療事務資格を活かして働ける場所を簡単に説明します。

医療事務資格を活かして働く医療機関というと、まず病院が考えられます。病院とは厳密には入院施設が20床以上ある医療機関を指し、入院施設が19床以下もしくは無い場合は診療所となります。

病院の場合は、規模が大きくなればなるほど、内科、外科、小児科、産科、婦人科など多くの診療科目があり、業務もさまざまで、その担当も多くの人数で担当が細分化されています。
大学病院になると医療秘書や病棟クラークとして働く人も多くなります。
逆に診療所の場合はスタッフの人数も少なく、ほぼすべての業務をこなしていくことになります。

医療事務資格には、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)や診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験のように、医科と歯科に分かれているものもあります。

歯科を選択した場合は、歯科医院で働くこととなります。歯科助手とも呼ばれ、歯科医や歯科衛生士の補助から、受付、レセプト業務などあらゆる仕事をこなしていきます。

医療事務資格には、医科や歯科以外に、医療保険調剤報酬請求事務士や調剤事務管理士技能認定試験のように調剤に関する資格もあります。

調剤に関する資格取得後は調剤薬局で働くこととなります。処方箋の受付・会計、調剤報酬請求書(レセプト)の作成や薬剤師の補助を行います。

また、医療事務資格取得者は、他にもリハビリテーションセンターや看護ステーションでも求められていますし、医療機関以外でも企業の健康関連センターやレセプト業務代行業者等でも働くことができます。

医療事務の主な仕事とは

医療事務の仕事とひとくちにいっても、仕事の内容や働く場所などさまざまな仕事があります。

医療事務の仕事で、一番わかりやすい仕事は、受付や会計など外来患者への対応業務でしょう。外来患者に接することの一番多い仕事であるため、患者側からも一番馴染みある仕事でしょう。

医療事務受付、会計の仕事とは具体的には診察券の発行、保険証の確認、カルテ等の基本書類の作成、患者の案内、診療費の会計、処方箋の発行などとなります。

医療事務の仕事で、次に患者に接することの多い仕事は、入院患者への対応業務となります。入院施設のあるようなある程度以上の規模の医療機関では、通常外来患者への対応部署と入院患者への対応部署は分かれています。

入院患者への対応業務としては、病床(ベッド)の管理、入院カルテなどの基本書類の作成、入院費の会計、退院許可証の発行などがあります。

医療事務の資格を目指すうえでも、一番のメインとなるのは診療報酬請求書の作成です。いわゆるレセプト業務といわれるものです。通常の保険診療では患者に3割を請求し、のこり7割を各市町村(国民健康保険)や各健康保険組合などの保険者に請求します。

保険者への請求は、毎月診療報酬請求書(レセプト)を作成して、支払審査機関へ提出することで行われます。

医療事務の仕事には医療秘書と呼ばれる仕事もあります。院長や、看護部長などの各部課長につき、スケジュール管理や書類整理、電話対応を行う医療秘書と、ナースステーションに配属され、看護婦の勤務管理やカルテ、レントゲンの整理をおこなう病棟クラークがあります。

医療秘書は一般的な秘書知識に加え、医療に関する知識も要する、専門性の高い仕事といえます。

医療事務の仕事にはその他にも、レセコンと呼ばれるレセプトコンピューターを使った入力業務や、各種経営資料、統計資料の作成も行います。大病院など、業務内容が細分化されており、レセコン入力などのオペレーション業務だけを行う部署がある病院もあります。