医療事務の資格について

医療事務の資格と言いましても、その種類は40種類近くあります。

各資格はそれぞれ認定協会が行っているもので、国家資格ではなく、各協会の認定資格となります。

ですが、その中でも「診療報酬請求事務能力認定試験」というものは、国家認定資格となり、難易度も高く合格率は30%程度となっています。

医療事務の主な仕事内容としましては、保険点数計算や診療報酬明細書、いわゆるレセプトの作成など専門的な知識が必要で、医者からも頼りにされる、大変やりがいのある仕事だと言えます。

またカルテの整理や受付事務など直接患者さんと接することもあるため、その仕事内容も多岐にわたります。

医療事務資格取得に必要な期間は、個人差がありますが、大体早い人で1か月くらいからです。時間的に余裕のない人でも、3か月をめどに学習計画を立てるといいと思います。

初めて挑戦する場合には、比較的取りやすいものから挑戦していき、最終的に難易度の高いものへシフトすると理解度も増すと思います。