医療事務の資格を取った後

医療事務の資格を取得する事によって、医学的知識(薬剤や検査方法等)を得る事が出来ます。

医療事務として勤務する際には受付業務と医事課業務に大別されます。

受付業務は、主に患者へ診察券を発行する。
診察券又は保険証あるいは医療証などを預かる。
診察の順番が来た患者を診察室へ案内する。
診察代金の精算を行う。
等が仕事です。

患者がスムーズに診療を受ける為のサポート的作業が中心です。

医事課業務は患者の会計に関する事務作業を行っています。レセプト(診療報酬明細書)業務がメインです。

レセプトには、治療方法や検査内容及び薬の名称などの診療内容がまとめられています。
レセプトを作成する事によって診察報酬を請求する事になります。

医療事務の有資格者が行う仕事は、スピーディでありながら正確性が求められる内容が多いです。

さまざまな実務経験を培う事によって即戦力となる事が出来ます。
医療事務はやり甲斐のある仕事だと思います。