医療事務で働くのに有利になる資格

医師や看護師をサポートする役割にある医療事務は、高齢化が進む現代では需要が高まっています。

医療事務として働くためには特に資格は必要ありません。ですが、医療事務に役立つ資格を多くもっているような即戦力になる人材の方が、採用されやすいという事実があります。

では、どのような資格 を持っているとよいのかをここでは紹介します。

まず、病院や歯科医院、薬局のどこで医療事務として働きたいかを絞ると、資格の的も決めやすくなります。

病院や診療所の医療事務として働くことを望む場合、医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験に合格しておきたいものです。この2つは医療事務の資格で最も一般的だからです。

さらにレセプトの処理能力を証明するために、保険請求事務技能認定試験の資格もあると良いです。

歯科医院で働きたいと望む場合も、持つべき資格はほとんど同じで、試験を受ける際に歯科を選択することで、歯科に関する専門用語などが必要になるだけです。

薬局勤務の場合は、調剤管理士事務能力認定試験という別の資格があると有利になります。