医療事務の資格を持つ人の仕事は?

医療事務の資格は女性や主婦に人気があります。
それは出産や育児で仕事をいったんはなれても、また働きやすいからです。

資格を持っているということで、採用の判断が変わってくることもあります。

実際に医療事務の仕事はどんなことをするのかというと、大きく分けると2つあります。

1つめはレセプトといって診療報酬明細書の作成です。

もう一つは病院や医院での受け付け会計や助手の仕事です。

レセプトというのはいいかえれば請求書のことです。
病院で行われた治療の費用や薬代などは法律で決まったものが点数化されています。
その点数化されたものに基づいて診療報酬点数を計算するのが医療事務の仕事です。

他にも受付業務やカルテの取り扱いや管理、整理を行ったり、受付や会計の業務を行ったりします。
これは基本的には同じですが病院によって仕事の内容がかわってきます。

診療報酬の計算方法などは資格取得のための学校や通信講座などでしっかりと学ぶことができるのです。

求人先の病院がどういう人を採用したいと考えているかは、それぞれです。
ともかく実務経験優先で即戦力を期待するところ。レセプト以外は病院それぞれと考え、レセプトの経験や、知識を優先するところ。変な癖などがない(違う病院でのやり方を変えようとしない人は結構います。。)、知識はあるが経験がない人を優先するところ。いろいろです。

経験のみを重視する病院でなければ、資格を持っていることは必ず有利となります。
(逆に経験なし、資格なしでは、採用されるのが難しくなってきていると感じます。)