医療事務資格ごとの特徴は?

医療事務は特に女性に人気の仕事ですが、医療事務の資格試験は複数の団体・法人が主催しており、医療事務関連の資格は30種類以上にもなります。

医療事務の資格は、看護士や医師のような公的な資格では無く、この人がどれだけの知識を持っているのかと言うことを証明するための物なので、英語検定や漢字検定と同じようなものだと考えると分かりやすいと思います。

診療報酬請求事務能力検定試験はその中で唯一の国家認定試験で、医療保険制度から医学知識、介護保険制度など幅広い知識が求められる資格です。
医療機関からの信頼も厚いものですが、その他の資格試験に比べて難易度も高くなっています。

これから医療事務の資格を取りたいと考えている人には、医療事務管理士検定の取得を目指すのも良いと思います。
こちらは勉強する範囲も広く、レセプト作成の実技試験があることが特徴です。
また、通信講座を修了することで在宅で受験できることもあり人気があります。

このように医療事務には資格ごとに、特徴がありますので医療事務の中でも自分の目指す仕事に応じて選んでいくことも大事です。