認定医師秘書TM

認定医師秘書TMとは、厚生労働省「平成20年診療報酬改定」にて新設された【医師事務作業補助体制加算】に対応する医師事務作業補助者業務の従事に必要な能力を有することを証明する資格です。
医師事務作業補助者業務に必要な知識・技能を修得する時間数(32時間)が厚生労働省により定められています。

認定医師秘書TMについて
試験分類医科
資格概要医師事務作業補助者業務の従事に必要な能力を試す
受験資格 1医療福祉情報実務能力協会<MEDIN>指定教育機関において
 認定医師秘書講座の受講修了をした者
2医療機関において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32
 時間以上の基礎講習や研修等を修了している者を含める)の
 実務経験を有し、医療福祉情報実務能力協会<MEDIN>規定の
 実務経験証明書において、実務経験保有者と確認が取れる者
試験科目 学科(医師事務作業補助基本知識)
(1)医療関連法規
  医療法・医師法・薬事法・介護保険法および関連法規の概要
(2)医療保険制度
  健康保険法、国民健康保険法、保険医療機関及び、
  保険医療療養担当規則、労働者災害補助保険法、
  自動車損害賠償保障法
(3)医学・薬学一般
  解剖生理、病理・疾患、診断及び治療、医療用語、薬事法、
  薬理薬剤学
(4)診療録及び電子カルテ
  診療録概要と関連法、電子カルテ・オーダリングシステム
(5)個人情報保護
  個人情報保護法、医療・介護関連事業者における個人情報の
  適切な扱いの為のガイドライン
(6)医師事務作業補助業務
  代行記載・入力業務、文書作成補助業務、医療の質の向上に
  関する事務作業・行政に関する業務
(7)病院管理・組織
   安全管理、病院組織
(8)医療人としての接遇マナー
  病院における接遇(マインド編)、接遇応対の基本(技術編)
  、認定医療秘書の仕事

実技(医療文書作成)
(1)医師事務作業補助業務
  @ 診療録・処方せんの作成
  A 各種診療書・証明書・申請書の作成
試験日程年4回(3月、7月、9月、12月)
受験料8,000円
合格率1級・・約5%、準1級・・約25%、2級・・約45%、3級・・約70%
試験地在宅試験
合格発表試験終了後、約1ヶ月から1ヶ月半後。合格者に合格認定証、資格証カード、資格証ピンバッチを発行。
*発行手数料として3,500円必要
主催団体NPO法人 医療福祉情報実務能力協会
<略称:MEDIN(メッドイン)>
問合せ先〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-17
TEL:0948-83-5588 FAX:0948-42-5802
HP:http://www.medin.gr.jp/