医療事務資格、初めてのおすすめの資格

医療事務の資格を初めて取得しようとする場合、まず多くの種類の医療事務資格から、どの資格取得を目指すのか決めなければなりません。全くの未経験なら、基本・全般的な医療事務資格を取得するのがよいでしょう。

Fotolia_38582978_XS.jpg
医療事務資格を初めて取得する場合のおすすめの資格は、
◯財団法人日本医療教育財団主催の「医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)
◯全国医療福祉教育協会主催の「医科2級医療事務実務能力認定試験
◯株式会社技能認定振興協会(JSMA)主催の「医療事務管理士技能認定試験
などです。

ただし、難易度は高いですが財団法人日本医療保険事務協会主催の「診療報酬請求事務能力認定試験」を最終的には目指して欲しいです。

時間に比較的余裕のある人や、やる気のある人は、診療報酬請求事務能力認定試験とのW資格をねらうのも良いでしょう。
医療事務の多くの専門学校や通信教育でも、半年以上の学習期間を設けている講座などでは、このW資格取得を狙っていくところが多いです。


診療報酬請求事務能力認定試験は、医療機関での評価も高く、未経験者だけでなく、経験者にも人気の資格で、受験者数は1万人/回にも及びます。但し、合格率は約30%と決して易しい試験ではないので、しっかりと試験対策をする必要があります。


医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)、医科2級医療事務実務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験については、診療報酬請求事務業務(いわゆるレセプト業務)だけでなく、医学に関する基礎知識等の全般的な知識の試験となります。

その他にも、医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)などでは患者接遇も試験内容に含まれており、医療事務の全般的な知識・技術を取得するのにお勧めです。
なお、医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)には受験資格があり、6ヶ月以上の実務経験、または、認定校にて一定の課程を履修していることが必要となりますので、資格取得を目指す場合は、受験資格があるかどうか注意してください。