介護情報実務能力認定試験

介護情報実務能力認定試験とは、介護保険制度の導入により、福祉施設だけではなく、長期療養型病床を持つ医療機関でも必要とされる介護保険請求事務の実務能力を認定する試験です。

介護情報実務能力認定試験について
資格概要介護保険請求事務に関する一定の実務能力を認定します。尚、実技試験である介護給付明細書の作成については、介護請求事務教育用ソフトを用い、介護情報実務能力認定試験の合格認定証には「コンピューター実技認定修了」の一文が加えられます。
受験資格不問
試験科目・学科(20単位)・・・介護保険法および関連法規、介護保険制度(居宅サービス、施設サービス)、介護報酬の請求
・実技(5単位)・・・介護給付明細書の作成(居宅サービス、施設サービス)
試験日程年3回(3月、7月、12月)
合格率約60%
受験料7,500円
試験地在宅試験
合格発表介護情報実務能力認定試験終了後約1ヶ月後に発表。合格者に介護情報実務能力認定試験合格認定証が発行される。
*認定証書発行手数料として2,000円必要
主催団体NPO法人 医療福祉情報実務能力協会<略称:MEDIN(メッドイン)>
問合せ先〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-17
TEL:0948-83-5588 FAX:0948-42-5802
HP:http://www.medin.gr.jp/