医療事務資格は必要?

shikakuhituyou.jpg医療事務の資格は、医師や看護師のような資格取得者のみがその業務を行える独占資格でも、また国家資格でもないので、仕事をする上で必ずしも必要ではありません。


あなたがすでに医療事務として働いている場合は、その他のスキルアップと比較して医療事務の資格を狙うかどうか判断すれば良いと思います。

実際、多くの医療事務求人で一番求められているのは実務経験です。その上でパソコン技能が重要視されています。

したがって、すでに医療事務の経験がある人であれば、MOS(マイクロソフトオフィス スペシャリスト:エクセルやワードの検定試験)や、医療事務の資格でも電子カルテオペレーション実務能力認定試験などがねらい目だと思います。

一方、未経験の方はやはり医療事務の資格取得を目指すのが早道ではないでしょうか。

医療事務の実務経験もなし、資格もなしでは、いきなり医療事務の仕事に就くことは正直難しいでしょう。(資格の勉強中でも、就職のチャンスがあれば当然トライしてください)

あなたが雇う側だとして想像してもらえればすぐわかると思いますが、人手は足りているけども、将来のために人を雇って教育していこうと考える中小の医院はまずありません。

何らかの理由で人手が足りていないから求人するのであって、できれば即戦力、最低でも医療事務の基礎はわかっている人を採用したいと考えるでしょう。

書類や短時間の面接で、その人の人柄ややる気・能力、どれほどの期間働いてくれるのかなんて、わからないのですから。

私の回りでも『医療事務の資格を取得→派遣として数年実務経験を積む→医療事務で正社員に』というパターンが多いです。

最後に医療事務資格は、決してバラ色の資格ではありません。資格を持っているからといって就職も困らない、給与も高額ということはありません。

医療事務の仕事に満足し、楽しそうに働いている人を見ると、やはりきっちっと知識と経験を積んできた人たちばかりです。

あなたも、ぜひ頑張ってください。


医療事務資格の勉強をこれから始めようと思われる方は、こちらの記事も参考にしてください。
医療事務資格の学習方法〜こんなはずでは!〜