調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定とは、医療の質の向上を図る施策の一環として「医薬分業」が進むなか、調剤報酬請求事務処理技能だけでなく、医療関連知識おも含む評価・認定を行い、専門職としてのレベルの向上、および保険薬局での請求事務業務増大のニーズへの対応を図るものです。
調剤報酬請求事務技能認定は、主催の日本医療教育育財団が試験を実施するのではなく、各教育機関において、調剤報酬請求事務に関する教育訓練ガイドラインに沿った教育を履修し、各教育機関の修了試験に合格したものを認定するものです。

調剤報酬請求事務技能認定について
試験分類調剤
資格概要調剤報酬請求事務業務の従事者として必要な調剤報酬請求事務等の知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的地位の向上等に資することを目的として実施。
受験資格調剤報酬請求事務に関する教育訓練ガイドラインに沿った教育を履修していること
試験科目学科問題 三肢択一式
(1)医療保険制度(2)老人保健制度(3)公費負担医療制度(4)医事法規一般(5)薬局業務(6)薬学一般
(1)〜(4)で15問以上、(5)(6)で10問以上、合計25問以上
実技問題 調剤報酬明細書の作成・点検
(1)調剤報酬明細書の作成(2)調剤報酬明細書の点検

試験の作成、実施及び配点は各教育機関にて行い、学科・実技の各得点率90%以上を合格とする。
認定料3,000円
試験地各教育機関
認定団体財団法人日本医療教育財団
問合せ先〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)/FAX:03-3294-1787
HP:http://www.jme.or.jp/index.html