ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験とは、介護保険制度下で不可欠となる介護事務職の養成を促進するために、日本医療教育財団にて介護事務に関する教育訓練ガイドラインを策定し、介護事務に関する知識と技能のレベルを評価、認定するために実施された認定試験です。
ケアクラーク技能認定試験の合格者には「ケアクラーク」の称号が付与されます。
ケアクラークの称号は、介護報酬請求事務業務はもとよりコミュニケーションや社会福祉や介護技術など、介護事務職として求められる知識と技能を備えていることを証明するもので、全国の事業所や施設でケアクラークの活躍が期待されていいます。

ケアクラーク技能認定試験について
資格概要 介護事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価、認定し、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に資することを目的として実施。
受験資格 教育機関等が行う教育訓練のうち、技能認定委員会がケアクラーク技能認定規程により認める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者、もしくは、介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
試験科目 学科 介護事務一般知識 筆記(択一式) 実技 介護給付費請求事務 介護給付費明細書作成
試験日程 年6回(2月、4月、6月、8月、10月、12月)
受験料 6,000円
試験地 全都道府県の指定会場
合格発表 学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上が合格となります。合否は試験日から約1ヵ月後に郵送により通知。合格者にはケアクラーク認定証が試験結果通知から約1ヵ月後に郵送されます。
主催団体 財団法人日本医療教育財団
問合せ先 〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)/FAX:03-3294-1787
HP:http://www.jme.or.jp/index.html