医療秘書実務能力認定試験

医療秘書実務能力認定試験とは、医療秘書として接遇マナーや基礎医学にも通じた、医療現場におけるスペシャリストを養成・認定することを目的とした認定試験です。
医療秘書としての基礎的な用語や実務知識を問う2級と、より深い理解と知識を持ち、実務の遂行能力を問う1級があります。

医療秘書実務能力認定試験について
試験分類医科
受験資格不問
試験科目 学科試験 医療秘書に関する知識:10問
       医学基礎に関する知識:10問
       関連法規に関する知識:10問
実技試験 診療報酬明細書(レセプト)の上書き(頭書き)記載:1問
       外来1症例に対する診療報酬明細書(レセプト)穴埋め:25問
試験日程年4回(3月、6月、9月、12月の第一日曜日)
受験料一般受験7,500円、団体受験7,000円
試験会場全国医療福祉教育協会が指定する会場
合格発表試験終了約40日後
主催団体内閣総理大臣認証法人職業技能評価機構 全国医療福祉教育協会
問合せ先 〒:160-0023 東京都西新宿6-6-2新宿国際ビルディング5階
TEL:03-3345-4190 FAX:03-3342-3291
HP:http://www.e-kentei.jp/medical/