医療事務資格を取得して働く

医療事務資格を取得して働くのは、医療機関を考えると思いますが、医療機関と一口に言っても規模や、形態などさまざまです。

又、医療事務資格を活かして働ける場所は医療機関以外にもあります。

医療事務資格を活かして働ける場所を簡単に説明します。

医療事務資格を活かして働く医療機関というと、まず病院が考えられます。病院とは厳密には入院施設が20床以上ある医療機関を指し、入院施設が19床以下もしくは無い場合は診療所となります。

病院の場合は、規模が大きくなればなるほど、内科、外科、小児科、産科、婦人科など多くの診療科目があり、業務もさまざまで、その担当も多くの人数で担当が細分化されています。
大学病院になると医療秘書や病棟クラークとして働く人も多くなります。
逆に診療所の場合はスタッフの人数も少なく、ほぼすべての業務をこなしていくことになります。

医療事務資格には、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)や診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験のように、医科と歯科に分かれているものもあります。

歯科を選択した場合は、歯科医院で働くこととなります。歯科助手とも呼ばれ、歯科医や歯科衛生士の補助から、受付、レセプト業務などあらゆる仕事をこなしていきます。

医療事務資格には、医科や歯科以外に、医療保険調剤報酬請求事務士や調剤事務管理士技能認定試験のように調剤に関する資格もあります。

調剤に関する資格取得後は調剤薬局で働くこととなります。処方箋の受付・会計、調剤報酬請求書(レセプト)の作成や薬剤師の補助を行います。

また、医療事務資格取得者は、他にもリハビリテーションセンターや看護ステーションでも求められていますし、医療機関以外でも企業の健康関連センターやレセプト業務代行業者等でも働くことができます。