医療事務の主な仕事とは

医療事務の仕事とひとくちにいっても、仕事の内容や働く場所などさまざまな仕事があります。

医療事務の仕事で、一番わかりやすい仕事は、受付や会計など外来患者への対応業務でしょう。外来患者に接することの一番多い仕事であるため、患者側からも一番馴染みある仕事でしょう。

医療事務受付、会計の仕事とは具体的には診察券の発行、保険証の確認、カルテ等の基本書類の作成、患者の案内、診療費の会計、処方箋の発行などとなります。

医療事務の仕事で、次に患者に接することの多い仕事は、入院患者への対応業務となります。入院施設のあるようなある程度以上の規模の医療機関では、通常外来患者への対応部署と入院患者への対応部署は分かれています。

入院患者への対応業務としては、病床(ベッド)の管理、入院カルテなどの基本書類の作成、入院費の会計、退院許可証の発行などがあります。

医療事務の資格を目指すうえでも、一番のメインとなるのは診療報酬請求書の作成です。いわゆるレセプト業務といわれるものです。通常の保険診療では患者に3割を請求し、のこり7割を各市町村(国民健康保険)や各健康保険組合などの保険者に請求します。

保険者への請求は、毎月診療報酬請求書(レセプト)を作成して、支払審査機関へ提出することで行われます。

医療事務の仕事には医療秘書と呼ばれる仕事もあります。院長や、看護部長などの各部課長につき、スケジュール管理や書類整理、電話対応を行う医療秘書と、ナースステーションに配属され、看護婦の勤務管理やカルテ、レントゲンの整理をおこなう病棟クラークがあります。

医療秘書は一般的な秘書知識に加え、医療に関する知識も要する、専門性の高い仕事といえます。

医療事務の仕事にはその他にも、レセコンと呼ばれるレセプトコンピューターを使った入力業務や、各種経営資料、統計資料の作成も行います。大病院など、業務内容が細分化されており、レセコン入力などのオペレーション業務だけを行う部署がある病院もあります。