病歴記録管理士(メディカル・レコード・ロケイター)

病歴記録管理士とは、患者の病歴(カルテ・診療録)の厳重な保管、および利用に際しては速やかな検索抽出といった、病歴の管理に関する専門の知識と技術を持つものです。
病歴記録管理士には初級と、病歴記録管理士初級取得後2年の実務経験を経て申請できる上級があります。病歴記録管理士はメディカル・レコード・ロケイターともいいます。

病歴記録管理士(メディカル・レコード・ロケイター)について
試験分類医科
資格概要病院の診療各科の医師の補助者として、病歴記録事務に従事するために必要な知識・技能を証明する。
受験資格財団法人日本病院管理教育協会、大学・短期大学 医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校に通学し、「医学一般」「医療情報学」「医療管理学」「情報処理論」「情報処理演習」「図書管理論」「診療報酬事務演習」などの指定科目を履修した者。
尚、病歴記録管理士の申請には、医療管理秘書士の資格取得者であることが必要です。
試験科目試験詳細は全国統一試験の都度発表
試験日程年2回(1月、11月)
合格率約95%
受験料5,000円(病歴記録管理士申請・認定には別途10,000円)
試験地財団法人日本病院管理教育協会、大学・短期大学 医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校
合格発表試験終了約2週間後
主催団体財団法人日本病院管理教育協会/大学・短期大学医療教育協会
問合せ先 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-8-8
TEL:03-3667-5565 FAX:03-3667-5668
HP:http://www.jh-mgt.org/