医療管理秘書士

医療管理秘書士とは、病院組織における管理者、病院長・副院長・診療部長・診療各科医局長・診療補助部門医局長等が本来の業務に専念できるように援助し、秘書業務を行う医療秘書士の上級資格となります。
医療管理秘書士資格を取得するには、医療管理秘書士試験を合格後、医療管理秘書士資格申請を行う。

医療管理秘書士について
試験分類医科
資格概要高い情報処理能力などを活かして医師を秘書としてサポートでき、かつ医療事務全般の処理能力も高いエキスパートを養成する目的で実施。
受験資格財団法人日本病院管理教育協会、大学・短期大学 医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校に通学し、「医療管理学概論」「医療秘書実務」「医事業務に関する医学一般」「医事業務に関する薬の知識」「医療事務総論」「医療保険請求事務実技」「情報処理実務」などの受験資格規定科目を履修した者
尚、近畿大学九州短期大学においては通信教育も実施。
試験科目試験詳細は全国統一試験の都度発表
試験日程年2回(1月、10月)
合格率約90%
受験料5,000円(医療管理秘書士資格申請・認定には別途10,000円)
試験地財団法人日本病院管理教育協会、大学・短期大学 医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校
合格発表試験終了約2週間後
主催団体財団法人日本病院管理教育協会/大学・短期大学医療教育協会
問合せ先〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通5-1-1-602
TEL:078-361-7493 FAX:078-361-7492
HP:http://www.jh-mgt.org/