調剤報酬請求事務専門士検定試験

調剤報酬請求事務専門士検定試験とは、調剤薬局にて薬剤の基本的な知識を活かし、薬剤師をバックアップする専門家を認定する資格です。薬剤師自身の受験者も増加しています。調剤報酬請求事務専門士検定試験には1級、2級。3級があり、又2年に一度の更新制度が導入されています。

調剤報酬請求事務専門士検定試験について
試験分類調剤
資格概要医薬分業制により保険医療機関では診療を、保険薬局では調剤を行うよう指導されている中で、調剤報酬請求事務(調剤レセプト作成)の専門職として「即戦力となる人材育成」「雇用に結びつく資格」を目的として、2002年より実施されている。
受験資格不問
試験科目 1級
学科・・・薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用、副作用、 禁忌、相互作用等の薬物知識)、医薬品関連法規(調剤薬局における用語、理論、役割等)・医療保険制度、調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)・調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
実技・・・処方せん3枚の設問箇所点数をもとめる(マ−クシ−ト)、処方せん1枚調剤報酬明細書作成(手書き)

2級
学科・・・薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用)・医療保険制度、調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)・調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
実技・・・レセプト明細書作成 処方せん3枚(マ−クシ−ト)(設問箇所の点数をもとめる)

3級
学科・・・薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用)・医療保険制度、調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)・調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
実技・・・レセプト明細書作成 処方せん3枚(設問箇所の点数をもとめる)
試験日程年2回(7月、12月の第1土曜日)2級は在宅受験も可、3級は在宅受験のみ
受験料会場受験 1級 5,800円、2級4,800円
FAX(在宅)受験 2級7,800円、3級6,800円
合格率級により異なる(1級15〜20%、2級35〜45%)
試験地 北海道地区/東北地区/北陸・上越地区/関東地区/中部地区/阪神地区/中国地区/九州地区の全国9地域
合格発表 検定試験終了後、約1ヶ月後より、郵送に連絡。調剤報酬請求事務専門士検定試験合格者には、「調剤報酬請求事務専門士」認定証が同封されます。
主催団体調剤報酬請求事務専門士検定協会(株式会社日本医療総合支援評議会)
問合せ先 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-24-6林ビル2F
TEL:03-3981-0983 FAX:03-5928-5530
HP:http://www.chouzai.info/