調剤事務管理士技能認定試験

調剤事務管理士技能認定試験とは、調剤薬局事務の認定資格です。
保険医療機関が処方せんを発行し、薬の調剤は保険調剤薬局が行う、という医薬分業が進む中、保険調剤薬局では、薬剤師が調剤に専念するため、処方せんの受付や会計などの薬局運営のサポートに対するニーズが高まっています。調剤事務管理士技能認定試験はそのようなニーズに応えられる資格として注目されています。
調剤事務管理士技能認定試験合格者には調剤事務管理士の称号が与えられます。

調剤事務管理士技能認定試験について
試験分類調剤
資格概要調剤報酬の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算定し請求するための、調剤報酬の算定に関する知識とスキルを評価・認定する試験です。
受験資格不問
試験科目 実技試験・・・調剤報酬明細書の作成3問
学科試験・・・筆記(択一式マークシート)10問
・法規(医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識)
・調剤報酬請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識)
試験日程年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月の第4土曜日)
受験料5,000円
合格率約68%
試験地日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等
合格発表実技試験70%以上、かつ、学科試験70点以上で合格となります。試験実施後1ヵ月以内に文書にて通知されます。合格者には「調剤事務管理士」の称号が付与され、調剤事務管理士認定合格証が交付されます。
主催団体株式会社技能認定振興協会(JSMA)
問合せ先〒101-0024東京都千代田区神田和泉町1-12-17久保田ビル3F
TEL:03-3864-3559 FAX:03-3864-5112
HP:http://www.ginou.co.jp/default.asp