医事オペレータ技能認定試験

医事オペレータ技能認定試験とは、医療機関におけるコンピュータの導入により必要となる医事コンピュータオペレータ養成のための、認定試験です。医事オペレータ技能認定試験は2級メディカルクラーク(医科)の取得者を対象とし、合格者には「メディカルオペレータ」の称号が与えられます。

医事オペレータ技能認定試験について
試験分類医科
資格概要医事業務の遂行に不可欠となっている医事コンピュータの操作・処理に関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的な地位の向上に資することを目的として実施。
受験資格2級メディカルクラーク(医科)であって、教育機関等が行う教育訓練のうち、医事オペレータ技能認定委員会が医事オペレータ技能認定規程により認める「医事オペレータ技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医事コンピュータ教育課程を履修した者
試験科目外来、入院の診療伝票から患者情報、病名情報、診療情報を入力し、レセプトを4枚出力。
(医療事務及び一般知識に関する学科試験は、受験資格である医事コンピュータ教育課程を履修した学校からの受験については免除される)
試験日程年12回(毎月)
受験料7,500円
合格率約80%
試験地全都道府県の指定会場
合格発表学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上が合格となります。合否は試験日から約1ヵ月後に郵送により通知。合格者には医事オペレータ技能認定証が試験結果通知から約1ヵ月後に郵送されます。
主催団体財団法人日本医療教育財団
問合せ先〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)/FAX:03-3294-1787
HP:http://www.jme.or.jp/index.html