医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験とは、昭和63年より開始された医療秘書としての専門知識と技能を認定する試験です。年間約2万人が受験する人気資格です。医療秘書技能検定試験には1級、準1級、2級、3級の別があり、1級は合格率10%未満のかなり難しい試験となります。

医療秘書技能検定試験について
試験分類医科
資格概要医療機関並びに医療関連機関に勤務する医療秘書として、実務マナー、医療法規や医学用語、医療事務の領域に高度な知識と技能を持ち、業務を専門的に遂行する能力を評価する。
受験資格不問
試験科目・医療秘書実務
・医療機関の組織・運営、医療関連法規
・医学的基礎知識、医療関連知識
・医療事務
試験日程年2回(6月、11月)
受験料1級・・5,100円、準1級・・4,500円、2級・・3,800円、3級・・2,800円
合格率1級・・約5%、準1級・・約25%、2級・・約45%、3級・・約70%
試験地医療秘書教育全国協議会の会員校等
合格発表試験終了後、約1ヶ月半後に、会員校の受験者へは学校宛に、一般の受験者へは個人宛に送付。
主催団体医療秘書教育全国協議会
問合せ先 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-17-1-201
TEL 03-5675-7077 FAX 03-5675-7078
HP:http://www.medical-secretary.jp/