医療秘書技能認定試験

医療秘書技能認定試験とは、医療事務技能審査試験の2級合格者に付与される2級メディカルクラークの取得者を対象とした試験です。主に専門学校や短大、大学等の教育機関で一定の医療秘書教育課程を履修した方の成果を評価する団体受験として実施されています。

医療秘書技能認定試験について
試験分類医科
資格概要医療界で望まれる幅広い一般知識・技能および医療機関のスタッフとして活躍するために必要な医療保険制度や医学知識のほか、医療秘書として、医事課や医局、教授等の秘書業務までの多岐にわたる業務を果たし得るに必要な知識と技能を評価することを目的として実施されています。
受験資格2級メディカルクラーク(医科)の取得者で、教育機関等が行う教育訓練のうち、医療秘書技能認定委員会が医療秘書技能認定規定により認める「医療秘書技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医療秘書教育課程を履修した者
試験科目学科(三者択一式 30問)
・受付、案内業務
・医療コスト計算
・医学知識、用語
・秘書実務、感性
・社会・組織関係

実技(面接形式 1問)
医療機関における接遇マナーの基本的事項が身についているか否かを審査します。
・接遇の基本事項および基礎知識
・顧客の案内および応対
・電話の応対
試験日程年2回(8月、2月)
受験料4,500円
合格率約95%
試験地全国都道府県の指定会場
合格発表学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上で合格。合否は試験日から約1ヵ月後に郵送により通知。又、試験結果通知から約1ヵ月後に医療秘書技能認定証が郵送されます。
主催団体財団法人日本医療教育財団
問合せ先〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)/FAX:03-3294-1787
HP:http://www.jme.or.jp/index.html