医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験とは、厚生労働大臣許可の財団法人日本医療教育財団が実施する試験です。
30年以上にわたる歴史を持つ試験であり、年間の受験者が5万人〜6万人の、医療事務関係で最大規模の試験です。

医療事務技能審査試験の合格者には『メディカルクラーク』の称号が付与されます。メディカルクラークとは、診療報酬請求事務業務や窓口業務、カルテ管理など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明するものです。

メディカルクラークの称号は医療事務技能審査試験を合格することでしか取得できません。医療事務資格のうち医療秘書技能認定試験や医事オペレータ技能認定試験は2級メディカルクラーク(医科)を取得していることが受験条件となりますので、将来それらの資格取得を考えいている人は、まず取得すべき資格となってきます。

医療事務技能審査試験は、受付業務、診療報酬明細書(レセプト)作成、カルテ管理といった、医療事務の仕事を行ううえでの全般的な基本知識となる為、調剤事務希望以外の人は、まず最初に取得したい資格でもあります。

医療事務技能審査試験 試験詳細へ