医療事務資格について

医療事務資格とは、医療事務のスペシャリスト育成を目指し、各種団体が検定試験等を実施し認定している資格の総称です。

財団・社団法人等の各種公益法人の他、医療関係団体、民間会社が運営するものなど、主な資格試験で30種類以上にもなります。

このサイトでは、このように多岐にわたる医療事務資格の内容や特徴の比較、又勉強方法や試験対策、難易度、合格率などに関する情報も併せてお伝えしていきます。


医療事務の仕事の魅力はどのような点でしょうか。

医療事務の仕事は、求人情報等を見ると、正社員としての採用のみならず、アルバイト・パートの募集、派遣会社を通じての人材派遣と多岐にわたります。

又、医療事務スタッフは、病院、歯科医院、調剤薬局だけでなくリハビリテーションセンターや、医療機関以外でも、レセプト(診療報酬明細書)業務代行会社などでも求められています。

このように全国どこにでもある医療機関で、自分の生活環境、スタイルに併せた働き方を選択できる仕事であることも魅力の一つでしょう。


医療事務の資格は、医師や看護士のように国家資格ではありませんので、医療事務の仕事をするのに必ず必要というわけではありません。ですが、医療事務の仕事の人気が高まるにつれ、就職・転職等に有利な資格として、又ご自身のスキルアップのためにも、自分の目的に沿った医療事務資格の取得を目指して頑張りましょう!

医療事務資格試験の受験者は10代、20代が割合的には多いですが、実際に30代、40代、50代の人も数多く受験されています。


医療事務資格の取得方法には大きく分けて4つの方法があります。

通学講座、通信教育、独学それに、専修学校や短大で勉強する方法です。また、勉強期間については目指す医療事務資格によっては2、3ヶ月の短期間の学習で可能な資格から、受験資格に2年の講座履修が課せられている資格までありますので、その点注意が必要です。(講座履修自体の条件に短大卒以上といった条件がある場合もあります)

スクールや通信では、ニチイ学館、ユーキャン、三幸医療カレッジ、ニック教育講座(日本医療事務センター)、大原学院などが有名です。

ハローワークの公共職業訓練でも医療事務の講習を設けているところもありますので、お住まいの近くの職安で調べられるのも良いです。

又、専修学校や短期大学は北は北海道から、南は沖縄まで、東京、名古屋、大阪といった大都市だけでなく、各都道府県に学校があります。

最近では夜間コースを設けて、社会人を受け入れている所も増えてきています。



医療事務資格取得ガイドでは、他にも医療事務資格に関するテキストや本、問題集、又評判のブログや口コミサイトも紹介していきたいと思います。

宜しければお気に入りに入れて、ごゆっくりご覧下さい。m(__)m