医療事務資格は独学で合格できる?

医療事務の資格の本を本屋さんで調べると、医療事務のさまざまな資格の過去問や参考書、問題集が見つかるでしょう。医療事務をまったく経験したことのない人には、専門用語ばかりで、いきなり読もうとしても、かなり難しいでしょう。

医療事務に関する基礎知識や、多少経験があれば、独学でもスムーズに勉強していくことは可能だと思います。

医療事務の勉強をしよう、医療事務の資格を取ろうとおもったら、まずは「診療報酬点数表」を必ず購入しましょう。
医療事務として仕事をしていくなら、どんな医療機関であっても必ずこの診療報酬点数表から診療報酬を計算し、請求することになるので避けては通れません。たとえ今チンプンカンプンであっても、まずは購入し常に手元に置きながら資格のための勉強などをしていくことをお勧めします。
又、診療報酬点数表をマスターすれば、医療事務の資格の合格も見えてきます。

ただし、独学で医療事務の資格に合格しようと思っている場合は、他にも注意しておくことがあります。

制度や点数表などは改定されることも多いので、いざ試験日が迫ってきてから、確認すると制度が変わっていたなんてことのないよう、常日頃から自分で情報を仕入れておかなければなりません。
又、過去の問題集などにもトライし、試験に慣れておくことも必要です。

医療事務の資格を独学で狙う場合に、もう一つ注意しておかなければいけないのは、資格の受験資格です。医療事務の資格には多くの種類がありますが、受験資格があるものもありますので、受験資格不問か、自分が受けられる資格を選ぶ必要が当然あります。

医療事務資格に関する基本的な情報を持っていない場合は、まずは4、5の専門学校や通信教育の学校から医療事務のパンフレットをもらうのが良いでしょう。
独学だからこそ、無料でもらえる情報は積極的に入手していく必要があります。

独学の場合は「医療秘書技能検定試験」や「診療報酬請求事務能力検定試験」などが、参考書なども多く売られており、比較的勉強し易いと思います。