医療事務と就職

医療事務求人情報は、ハローワークや求人雑誌など、さまざまな媒体で見つけることができます。近くに新しい医療機関ができると、必ず募集があるでしょうし、病院によっては求人の張り紙をしている所もあります。

医療事務仕事というのは、医師や看護婦と違い資格が絶対必要というわけではありませんが、最近の就職状況等を見ていると、やはり資格を持っているほうが有利なようです。

ただし、医療事務の資格だけに頼るのは良くありません。実際、資格を多く持っているからといって新しい職場で即戦力として働けるとは考えないほうが良いです。

医療機関によって、医療事務のやり方や進め方は結構違いますし、医療事務として経験豊富な人でも、新しい職場になれば覚えなければならないことはたくさんあります。
したがって、働き口が決まれば、資格があってもなくても同じスタート位置と考えるほうが良いでしょう。

もし、働きたい病院が決まっているなら、直接求人募集をしているか、面接をしてもらえるか電話で問い合わせてみましょう。普通の就職活動と同じで、やる気を見せることが大事です。
医療事務の面接をしてもらえることとなったら、面接ではコミュニケーションや人当たりの良さをアピールするのが良いです。病院での仕事は、一人でできるものではなく連係プレーが必要ですし、受付では患者への人当たりの良さが一番大事となります。

次に、医療事務の仕事に興味があり、やる気があること、又、自分の今までの経験を病院でどのように生かしていきたいかなどをアピールできると採用の可能性が高まるでしょう。

断られても落ち込まないように^^

医療事務の仕事も、普通の仕事と同じように就職は縁もあると思います。次に向けて就職活動しながら、医療事務の資格を目指すなどスキルアップを目指しましょう。

資格を取っていなくても、医療事務の資格取得に向けて勉強中だということは好印象を与えられます。