職業訓練校でも取れる医療事務

高年齢化が進む中、これからさらに需要が見込まれる職業に医療事務があります。

この仕事は病院や福祉施設などの医療行為を行う場所で、メディカルクラークとも呼ばれている仕事です。
医療事務の仕事は専門的な知識を要する仕事で、医師が行った医療行為に対する診療報酬に対する請求を、国や保険組合、自治体に行います。

2010年に厚生労働省が今後の医療保険事務全体の効率化を図る意味で、患者が受けた検査やその結果、それに伴う診療行為などをコンピューターを使った管理を行うように奨励しました。
その後は、医療団体などが定めたいわゆる医療事務の資格は、特に厚生労働省が認可している診療報酬請求事務従事者の資格もっている事が医療事務の仕事に就くために一層重視されだしました。

医療事務の資格は短大や専修学校で取る事もできますが、自治体の求職者支援として職業訓練校として医療事務が無料で取れるところもあるようです。