医療事務の資格と取るには

医療事務の資格は一度資格を取ると全国どこの病院でも活用できると、女性の間で人気です。

この医療事務の仕事は病院や街中の開業医また福祉、介護施設など医療行為を行う所で、メディカルクラークとも呼ばれる大切な仕事です。

医師や看護師また様々な検査技師が患者に対して行った医療行為に対して、正当な診療報酬の書類、レセプトと呼ばれるものを作成し、国や保健組合、自治体に対して請求を起こす仕事です。

2010年に厚生労働省が、今後の高齢化に備えて医療保険事務全体の効率を向上させる為に、全国的にIT化を活用した医療保険事務を行うように奨励しており、これに伴って各病院等の医療機関でも医療事務の採用を行う場合に、資格の有無を重視するようになったようです。

この医療事務の資格を取るには短期大学や専修学校などで取る事も出来ますし、職業訓練施設において医療事務コースやと言った形で講座を設置している所もあります。

また自治体によっては求職支援の一環として無料の講座を作っているところもある様です。