医療事務の仕事

私たちが病院の窓口で支払う料金は、保健を使うことによって低く抑えられています。

日本の保険制度はアメリカなどに比べると、とても安心して医療行為を受ける事が出来るものです。

これは医療事務といわれる職種の人たちが、私たちがうけた医療行為に対して、それぞれの点数を足しながら国や自治体、また保健組合に診療医療請求を行う仕組みが確率しているから出来ている制度です。

この病院の中で医師や看護師が正当な報酬を得られるように、また患者に対していつでも検査の結果やそれまでの病歴などを見る事が出来るようにカルテに入力するなどの、様々な書類作成を行うのが医療事務です。

医療事務の仕事はレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成や請求、また患者のカルテの整理、入力などですが、専門的な知識が必要となり、また最新の情報を取り入れられる頭の柔らかさも求められます。

そのために認定資格が多数あり、現在では忙しい家庭の主婦でも取り易い、通信教育やオンラインでの講座などが人気がある様です。