医療事務のお給料はどのくらい?

勤務地も全国にあり、そのうえ認定資格がある専門職として女性の間で人気がある医療事務。

医療事務は近代化が進んでいる医療業界で、医師や看護師が正確な報酬を得る為に必要な仕事です。
大きな市民病院や町の開業医、また介護施設や福祉施設など医療行為を行っている所では、この医療事務の知識を持っている人が必要になります。

資格の習得には専修学校に行ったり、自治体によっては職業訓練施設の中で短期間で取れるコースもあります。
医療事務の給与はその勤務先によっても違いますが、初任給で15万円から20万円程と言われています。

医師や看護師といった資格を有する専門職に比べると低く感じますが、市民病院や国立病院などに勤務するとなると、お給料の他にボーナス、また産休や育児休暇、保養施設などの高い福利厚生を利用する事も可能となり、子育てをする方には働き易い環境だと言えます。

また勤務体系に関しても夜勤などといった事もなく定時で帰る事が出来ることが多いのも魅力です。