医療事務は医療制度を支える仕事

医療事務の仕事は、医師や看護師を支える仕事とも言えます。

もちろん医師や看護師の下で、事務作業や書類管理といった業務も行いますが、診療報酬計算などは医療事務員の専門分野であり、ともに医療現場を支えていると言えます。

医療事務の業務の中心とも言える診療報酬に関する書類の作成や、請求は日本の複雑な保険制度を理解し、国民健康保険や健保組合、老人医療それぞれの制度に合わせて行います。

それ以外にも、患者の対応や、カルテの管理など、病院の規模によっても多様な業務を医療事務が行っています。

日本の医療制度はとても評価が高く、世界でも類を見ないくらい患者の負担が少ないですが、医療事務がその一端を担っていると言えます。

医療事務の仕事を行うには、資格を取得するのが早道です。
医療事務の資格は多くの種類があり、短い物だと1ヶ月で終了する通信教育があったり、在宅で試験が受けられるものまであります。

「診療報酬請求事務能力認定試験」のような難易度の高い試験もありますが、まずは難易度の低い試験で腕試しをするのもよいでしょう。