医療保健事務とは

医療に関する仕事には、医師や看護師、薬剤師などをはじめ、殆どが資格が必要な専門職となります。
医療事務の主な仕事としては、患者が病院の受付に来てから、診察を受け会計を済ますまでの様々書類の作成や、患者への接遇、そして保険事務があります。

医療事務として一番の専門的業務は、健康保険組合や国民健康保険、老人医療制度といった複雑な各種社会保険制度に合わせて診療報酬明細書の作成を行う医療保険事務になります。

この診療報酬明細書の作成は、医師が診療してから作成し、患者が会計を待つ間に作成する必要がありますので、正確さと素早さが求められます。

医療事務の仕事は、専門知識と経験が求められるため、結婚・出産・育児などでブランクがあっても再就職が比較的容易です。

また、看護師などと違い夜勤などはなく、比較的勤務時間に融通が効く点も医療事務が人気の理由です。

医療事務の資格取得を目指す講座も、各種専門学校や職業訓練などで人気の講座となっています。