医療事務資格の学習方法〜3つのポイント〜

医療事務資格を取りたいけど、何からはじめればいいの?」

医療事務資格にちょっと興味があるんだけど、まず何をしたら良いの?」

医療事務資格に独学で挑戦しようと思うのだけど・・・」

「資格学習の注意すべき点は?」

というような質問を度々受けます。


私が学習方法について聞かれた時にお答えすることを、あなたにお伝えします。
あなたが私と同じような失敗をしないために。。。


iryoushikaku.jpg

医療事務資格の学習においてポイントとなるのは、次の3点です。

@『「診療点数早見表」に慣れること。』
医療事務においてレセプト作成は避けて通れません。
このレセプト作成に絶対必要なのが「診療点数早見表」です。
学習中は常に手がとどく場所においておいて、都度確認しましょう。


A『医療専門用語の漢字の読み方、略語はしっかりと覚えること。』
医学知識が必要なわけではありませんが、試験にも使われますので専門単語は
しっかりと覚えましょう。


B:『学習スケジュールを立てること。』
受けようとする医療事務資格の試験日と試験範囲をしっかり確認し、
学習スケジュール立て、それにそって学習しましょう。


これらの中で一番大事なのが ”学習スケジュールを立てること” です。

なぜなら、医療事務資格の学習スケジュールを立てるには
まずは狙う資格を決め、試験日と試験範囲だけでなく、
試験の重点分野や出題方法を調べる必要があるからです。

つまり、【傾向と対策】を調べるということです。


医療事務の資格試験だけでなく、試験と言われているものにはすべて、
傾向と対策があります。
大学受験参考書として有名な赤本も、一番最初の章は「傾向と対策」です。

それほど試験に合格するには『傾向と対策』が重要だということです。

ですから、まず最初にすることは傾向を理解すること。
 「出題範囲・レベルは?」
 「出題形式は?」
 「頻出問題は?」
といったことの情報を集めることが必要です。

やみくもに参考書を読むより、試験問題を意識して読むほうが、
より効率的であり、合格に近づくことは説明するまでもないでしょう。




ただし、医療事務資格では、このサイトでも紹介しているように多数の
資格があります。
そのため、資格ごとに当然傾向も違えば、対策も違ってきます。
これらの情報収集をするのは大変な手間と時間が必要にになります。

一口にレセプト計算といっても、よく出題される箇所や、問題の
与えられ方が違うこともありますので、趣味の勉強でなく
資格取得が目標なら、効率のよい勉強をする必要があります。


実際に私がやってしまった失敗ですが、気持ちが冷めないうちに始めようと
思い、とりあえず医療事務資格の参考書を購入し勉強を始めたのです。

shikaku.jpgしかし、すぐに自分が目指す資格が、
どこまで学習すればいいの?
どれほど学習時間が必要なの?
などがまったく分からず、結局は通信教育でいちから勉強し直しました。


それまでの勉強が無駄とは言いませんが、かなり遠回りをしてしまったことは事実です(T_T)


このサイトに来ていただいているあなたが、私と同じ失敗をしないためにも、
独学・通信・通学に関わらず、なによりもまず各専門学校、通信教育の資料をしっかりと読むことから始めてください。


参考書を1冊購入するよりも、まずは資料をしっかりと読むほうが絶対良いです!
資料請求はほとんどが無料ですが、各社の講座内容をしっかりと伝えるための資料なので、内容も充実しており様々な情報を得ることが出来ます。


資料請求で得られる情報としては、
・医療事務の様々な資格について、基本的な情報が得られます。
・それぞれの資格の特徴や、資格を活かせる仕事がわかります。
・その資格にどれほどの学習期間が必要なのか分かります。
・学習スケジュールにより、勉強のペース配分が分かります。
どの単元が重要なのか、時間を割く必要がああるのかが分かります。
・講座説明等により、その資格の傾向及び対策について知ることができます。
・資格取得後の仕事についても、イメージが膨らみやる気がでます。
 (私は、学習を始めてからも、やる気がなくなったときには見返していました。モテベーションアップにいいですよ^^)
などがあげられます。

経験者であれば、これらの資料からきっちり情報収集することにより、独学での合格も可能です。



以下に無料で資料請求ができるサイトを集めましたので、
今すぐ申し込むことをお勧めします。
(ひとつ3分で完了します。6個全部請求しても18分です。)

*あらかじめWordやメモ帳などに、
住所(都道府県は選択のため不要)、メールアドレスを
入力し、コピーすれば少しだけ手間が省けます。


 ◯まなびネット ←修了生60万人を超す「ニチイ学館」 必須!!
  医療教育40年で培われたカリキュラム。選べる4つの学習
  スタイルの違いをじっくり比較してください。

 ◯医療事務の仕事がしたいっ!★ヒューマンアカデミー★
   下の同じくヒューマンキャンパスの通信教育「たのまな」
  (合格保証付き)との比較がお勧めです。

 ◯生涯学習のユーキャン「医療事務」
  【資料請求(無料)は一番下右側です】

 ◯医療事務(合格保証付き) ←「たのまな」
  合格保証がついた通信教育です。


少なくとも上記4つは必ず請求してください。それぞれをしっかりと見比べることで、多くの情報が得られます。

最初の情報は多いほど良いので、余裕のある人は以下も請求してください。
ただし、学習をはじめたら余分な情報はシャットアウトで!

 ◯通信教育で医療事務!資格取得の近道は断然【ソラスト】!

 ◯資格の大原 医療事務講座



(すべて大手であり、しつこい勧誘はありません。また、セキュリティー上も安心です。数社に一括資料請求できるサイトもありますが、個人情報保護の観点からお勧めはできません。)

今出来ることを、今すぐ行動できるかどうかが半年後の大きな違いになります。合格後のあなたの姿を想像し、ぜひ頑張ってください!!

まずは、1週間後に資料が手元にあることが一歩前進です!!



医療事務の資格は本当に必要?

医療事務の資格を取って、医療事務で働こうと決心しても教えてgooなどの質問サイトや、2ちゃんなどの投稿を見てみると、資格は全く必要ないと書かれていることも良くあります。

そういったサイトでは極端な意見が多いというのはご存知かもしれませんが、やはり不安になってしまいます。

「資格は全くの無駄。医療事務は資格商法だ。」「求人はほとんどなく、あっても経験者しか採用されない。」などと書き込んでいる人もいます。

確かに、専門スクールや通信学校の宣伝を見てみると、医療事務の資格がとても魅力的なもののように宣伝していますが、それは医療事務に限ったことではありません。

簿記であれ、行政書士であれ、宅地建物取引主任者であれ同様です。

ですから、そのような匿名の書き込みを見ると、
「宣伝に簡単に乗せられて、資格さえ取れば全てうまくいくと思ってしまったんだろうな。」
「よっぽど嫌な人間関係に当たってしまったのだろうな。もしくは本人に問題が?」
と思ってしまいます。

医療事務が特別素晴らしい仕事だという気はありませんが、少なくとも特殊な技術や経験、知識を持っていなかった私にとって、今医療事務に関する専門的な知識をもち、それなりに楽しく働けている医療事務は十分魅力的な仕事です。

もちろん嫌なこともありますし、医者や看護師の横柄な態度にイラッとしたこともあります。

ですが、きちんと与えられた仕事をこなし、頑張っていけば、認められて対等に接してもらえます。

医療事務に限らずどんな仕事でも同じではないでしょうか。実力をつけ役に立つ人は重宝されますし、そうでなければ資格だけ持っていても軽く扱われます。

人間性うんぬんでなく、他の人も「仕事」をしているのですから当然です。

さて、医療事務の仕事に就きたいとでに行動に移している人は、余計な雑音に気を取られずにそのまま頑張ってほしいのですが、

「医療事務ってどうだろう?」
「医療事務の資格って必要なのかな?」

と不安に思っている人に良いサイトを見つけたので紹介します。

このサイトはどちらかと言えば、医療事務の資格について否定的な立場のサイトなのですが、よく読めば医療事務資格を否定しているのではないとわかります。

記事数は少ないですが、1記事のボリュームが多く読みごたえがあり、なるほどと思うことも多いです。>>医療事務資格の真実

医療事務の資格スクールのCMに乗せられて資格さえ取れば良い。と考えるのは確かにどうかとは思いますが、私は医療事務資格は必要だと考えています。

もちろん、仕事をする上で医師や看護師のように法律上資格が必要なわけではありませんが、資格の勉強で得られる知識は医療事務と言う仕事をしていくうえで必要不可欠なものだと思います。

ですから、全くの未経験から挑戦したいと思うのであればまずは医療事務の資格を狙うべきだと考えています。

医療事務の資格に挑戦することに不安や、迷いはあると思います。ですが飛び込んでしまわなければ分からないことも多くあります。

行動を始めてから周りの雑音にフラフラするのは良くありませんが、ある程度自分なりに調べられ、「これ以上は調べても分からない。」と思われたら、行動を始めてください。

いつまでも迷っているのは時間の無駄です。

医療事務は、嫌なこともありますが、嬉しいことや楽しいことも多くやりがいのある仕事です。