医療事務の資格は本当に必要?

医療事務の資格を取って、医療事務で働こうと決心しても教えてgooなどの質問サイトや、2ちゃんなどの投稿を見てみると、資格は全く必要ないと書かれていることも良くあります。

そういったサイトでは極端な意見が多いというのはご存知かもしれませんが、やはり不安になってしまいます。

「資格は全くの無駄。医療事務は資格商法だ。」「求人はほとんどなく、あっても経験者しか採用されない。」などと書き込んでいる人もいます。

確かに、専門スクールや通信学校の宣伝を見てみると、医療事務の資格がとても魅力的なもののように宣伝していますが、それは医療事務に限ったことではありません。

簿記であれ、行政書士であれ、宅地建物取引主任者であれ同様です。

ですから、そのような匿名の書き込みを見ると、
「宣伝に簡単に乗せられて、資格さえ取れば全てうまくいくと思ってしまったんだろうな。」
「よっぽど嫌な人間関係に当たってしまったのだろうな。もしくは本人に問題が?」
と思ってしまいます。

医療事務が特別素晴らしい仕事だという気はありませんが、少なくとも特殊な技術や経験、知識を持っていなかった私にとって、今医療事務に関する専門的な知識をもち、それなりに楽しく働けている医療事務は十分魅力的な仕事です。

もちろん嫌なこともありますし、医者や看護師の横柄な態度にイラッとしたこともあります。

ですが、きちんと与えられた仕事をこなし、頑張っていけば、横柄な態度や邪険に扱われることもありません。

医療事務に限らずどんな仕事でも同じではないでしょうか。実力をつけ役に立つ人は重宝されますし、そうでなければ資格だけ持っていても軽く扱われます。

人間性うんぬんでなく、他の人も「仕事」をしているのですから当然です。

さて、医療事務の仕事に就きたいとすでに行動に移している人は、余計な雑音に気を取られずにそのまま頑張ってほしいのですが、

「医療事務ってどうだろう?」
「医療事務の資格って必要なのかな?」

と不安に思っている人に良いサイトを見つけたので紹介します。

このサイトはどちらかと言えば、医療事務の資格について否定的な立場のサイトなのですが、よく読めば医療事務資格を否定しているのではないとわかります。

記事数は少ないですが、1記事のボリュームが多く読みごたえがあり、なるほどと思うことも多いです。>>医療事務資格の真実

医療事務の資格スクールのCMに乗せられて資格さえ取れば良い。と考えるのは確かにどうかとは思いますが、私は医療事務資格は必要だと考えています。

もちろん、仕事をする上で医師や看護師のように法律上資格が必要なわけではありませんが、資格の勉強で得られる知識は医療事務と言う仕事をしていくうえで必要不可欠なものだと思います。

ですから、全くの未経験から挑戦したいと思うのであればまずは医療事務の資格を狙うべきだと考えています。

医療事務の資格に挑戦することに不安や、迷いはあると思います。ですが飛び込んでしまわなければ分からないことも多くあります。

行動を始めてから周りの雑音にフラフラするのは良くありませんが、ある程度自分なりに調べられ、「これ以上は調べても分からない。」と思われたら、行動を始めてください。

いつまでも迷っているのは時間の無駄です。

医療事務は、嫌なこともありますが、嬉しいことや楽しいことも多くやりがいのある仕事です。
>>医療事務資格の真実